MENU CLOSE

授業の特色(メディアコミュニケーション学科)

  • English
  • 日本語

メディアコミュニケーション学科のカリキュラム

メディアコミュニケーション学科で学ぶ学問の世界は、情報学、社会情報学、マスコミ学という3つの学問領域に広がっています。学生は、各自の関心に応じて、教員と相談をしながら、大学の4年間で学ぶ研究領域を設定することができます。
また、メディアコミュニケーション学科のカリキュラムでは、実践的な技能を身につけるための実習が充実しています。情報産業をめざす学生には「情報システム構築」「情報ネットワーク」「データベース」など、マスコミ産業をめざす学生には「マスコミ文章論」「メディア制作」などの実習科目が用意されています。これらの科目を通して、実社会で通用する専門的で高度な技能を身につけることができます。

メディアコミュニケーション学科での学習プロセス

入学から卒業までのあいだに、メディアコミュニケーションについての知識と技能を、初級から上級まで順を追って体系的に学習します。1・2年次を通してメディアコミュ ニケーション学の基礎および演習を履修し、その上でメディアコミュニケーシ ョン学の理論と「マス・コミュニケーション概論」「情報学基礎論」「コミュ ニケーション論」「多文化コミュニケーション論」「大衆文化論」「身体コミ ュニケーション論」などの幅広い知識の吸収をはかります。

専門課程では「放送メディア論」「新聞メディア論」「広告論」「世論」 「ジャーナリズム論」などでマス・コミュニケーションの機能や効果を学び、 「コンピュータとプログラミング実習」「データベース論および実習」「情報 ネットワーク論および実習」などの実習を通して情報を扱うための知識と技術 を修得します。