1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Recommended Books in the Department of Media and Communications (AY 2007)//メディアコミュニケーション学科の推薦図書リスト(2007年度)
MENU CLOSE

Recommended Books in the Department of Media and Communications (AY 2007)//メディアコミュニケーション学科の推薦図書リスト(2007年度)

  • English
  • 日本語

Recommended Books

Kuraimazu hai (Climber's High) by Hideo Yokoyama, Bungeishunju (2006), 629 yen (Bunshun Bunko)

This novel, inspired by a Japan Airlines plane crash in 1985, follows local press reporters as they strive to find the facts. It was also made into a TV show. It is not only enjoyable as a novel, but also well describes tense situations where journalists face conflict and pressure. The book is a must-read for students who want to become journalists.

Kokoro no johogaku (Information Science for Mind) by Toru Nishigaki, Chikumashobo (1999), 720 yen (Chikuma Shinsho)

In order to think deeply about the information society, it is important to focus on the idea of information itself, rather than computers, networks and other technology. Information science is a new field that views the world and society through information. This introduction to information science is based on new research achievements in the fields of philosophy, sociology, biology and engineering.

Daigaku de benkyo suru hoho―Shikago daigaku tekisuto (How to Study: Suggestions for High-School and College Students) by A. W. Kornhauser, revised by D. M. Enerson, translated by Eiichi Yamaguchi, Tamagawa University Press (1995), 971 yen

According to this book, there are two purposes of studying: To obtain orderly knowledge and to acquire the ability to do something. It has been guiding university freshmen in the United States since 1924. The Japanese translation is a little challenging, but the information herein is useful for those attending university in Japan.

Deta no wanaYoron wa koshite tsukurareru (Data Entrapment―How Public Opinions are Formed) by Shigeru Tamura, Shueisha (2006), 680 yen (Shueisha Shinsho)

We are surrounded by various data published by the mass media, such as cabinet approval rates, audience rates and the rankings of prefectures. How such data was obtained? How should we construe the results? This book helps its readers understand data tricks and perceive information appropriately.

Toshokan ni kike! (Ask a Library!) by Makoto Inoue, Chikumashobo (2004), 740 yen (Chikuma Shinsho)

Students are required to use libraries for study and research at university. This book is a practical “how-to” that explains, in an easy-to-understand manner, ways to get the most out of libraries for such purposes.

Nyumon! Ronrigaku (Introduction to Logic) by Shigeki Noya, Chuokoron-Shinsha (2006), 740 yen (Chuko Shinsho)

Students are required to think logically, discuss logically and write logically when studying at university. The world of computers also consists of logics. This book carefully explains in plain language about this logic, which has a slightly different meaning from the one that we use in daily life.

Media shakaiGendai wo yomitoku shiten (Media Society―How to comprehend modern society) by Takumi Sato, Iwanami Shoten (2006), 740 yen (Iwanami Shinsho)

This book suggests how we should understand and treat the current situation of the media in a developing information society with rapidly growing IT. Through analyses of various news and social phenomena, such as the Koizumi administration and the livedoor scandal, it makes pointed remarks on the media and modern society.

推薦図書リスト

『クライマーズ・ハイ』 横山秀夫 文藝春秋、2006年、629円(文春文庫)

1985年に起こった日航機墜落事故を題材に、地元新聞社に勤める記者の奮闘ぶりを描いたフィクションです。ドラマ化もされました。小説として読み応えがあるだけでなく、ジャーナリストが直面する葛藤や苦悩を緊張感たっぷりに描いています。ジャーナリスト志望の学生は必読です。

『こころの情報学』 西垣通 筑摩書房、1999年、720円(ちくま新書)

情報化社会を深く考えるには、コンピュータやネットワークのようなテクノロジーよりも、“情報”という考え方そのものが大切。「情報学」とは、“情報”を中心にして世界と社会を読み解く新しい学問です。哲学、社会学、生物学、工学などの新しい研究成果をふまえた情報学の入門書。

『大学で勉強する方法―シカゴ大学テキスト 』 A. W. コーンハウザー著 D.M. エナーソン改訂 山口栄一訳 玉川大学出版部、1995年、971円

「勉強には二つの目的がある。まとまりのある知識を獲得すること、何かをする能力を獲得すること」。1924年以来、米国の新入生の古典。ちょっとクセのある日本語訳だが、日本でも通用する大学での勉強のノウハウが満載。

『データの罠~世論はこうしてつくられる』 田村秀 集英社、2006年、680円(集英社新書)

私たちの周りには、「内閣支持率」、「視聴率」、「都道府県ランキング」など、マス・メディアから発表される様ざまなデータが溢れている。いったい、それらのデータはどのように調査したものなのか。私たちはその結果をどう理解すべきなのか。データのからくりと正しい情報の読み方を考える一助になる本である。

『図書館に訊け!』 井上真琴、筑摩書房、2004年、740円(ちくま新書)

大学での学習や研究では図書館を使いこなすことが求められる。本書はそうした目的で図書館を活用していくための「文法」を分かりやすく解説した、いわば実践的図書館「攻略本」である。

『入門!論理学』 野矢茂樹 中央公論新社、2006年、740円(中公新書)

大学の勉強では、論理的に考え、論理的に議論し、論理的な文章を書くことが求められる。コンピュータの世界も論理で成り立っている。この本は、日常使っている言葉の感覚とはちょっとずれた「論理」とはどのようなものかを、日常の言葉で丁寧に紹介している。

『メディア社会~現代を読み解く視点』 佐藤卓己 岩波書店、2006年、740円(岩波新書)

ITの急速な進展など、進展する情報化社会において私たちがメディアの現状をどうとらえ、どう接するべきかを示唆してくれる。また、小泉政治やライブドア事件など、さまざまなニュースや社会現象の分析を通して、メディアと現代社会のありようを鋭く読み解いた本。