1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. 講談社の石井克尚さんが、激動期を迎えている出版ビジネスの未来像を語るー「メディア・キャリア論講義」(7月21日)
MENU CLOSE

講談社の石井克尚さんが、激動期を迎えている出版ビジネスの未来像を語るー「メディア・キャリア論講義」(7月21日)

  • English
  • 日本語

長年、雑誌の編集に携わってきた講談社週刊現代副編集長の石井克尚さんは、「メディアはいま、500年に一度の変革期を迎えている」と見ています。今はフェイスブックが隆盛を極め、世界で14億人が使っています。次の時代はどうなるのか。石井さんは「何が出てくるかわからない。ただこれまでのコンテンツ産業から次第にサービス産業になっていくだろう」と語りました。

--------------------------------

1年間、米国留学しメディア業界の最前線を研究してきた石井さんは「米国ではすでにプリントメディアの時代は終わりつつあり、デジタルにシフトしています。新興メディアが相次いで登場し、バブル状態にあります」と紹介しました。

1年間、米国留学しメディア業界の最前線を研究してきた石井さんは「米国ではすでにプリントメディアの時代は終わりつつあり、デジタルにシフトしています。新興メディアが相次いで登場し、バブル状態にあります」と紹介しました。

紙の新聞は単純にデジタルに変わっていくわけではなさそうです。「ソーシャルメディアによるニュースの消費は米国では3年間で倍増しました。しかし、新聞のウエブサイトにはアクセスしないのです」と石井さんは分析しました。

紙の新聞は単純にデジタルに変わっていくわけではなさそうです。「ソーシャルメディアによるニュースの消費は米国では3年間で倍増しました。しかし、新聞のウエブサイトにはアクセスしないのです」と石井さんは分析しました。

最後に石井さんは、「プログラミングやウエブサイトの設営などの技術は簡単に身につきます。2-3年もやれば、年長者を追い抜くことができるのです」と学生を鼓舞してくれました。

最後に石井さんは、「プログラミングやウエブサイトの設営などの技術は簡単に身につきます。2-3年もやれば、年長者を追い抜くことができるのです」と学生を鼓舞してくれました。