1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Mr. Kaoru Nakajima and Mr. Takashi Watanabe of ViViA (July 7) - “Media Careers” Lectures//テレビ朝日映像の中島郁さんと渡邉崇さんが、テレビ番組の制作現場を語るー「メディア・キャリア論」講義(7月7日)
MENU CLOSE

Mr. Kaoru Nakajima and Mr. Takashi Watanabe of ViViA (July 7) - “Media Careers” Lectures//テレビ朝日映像の中島郁さんと渡邉崇さんが、テレビ番組の制作現場を語るー「メディア・キャリア論」講義(7月7日)

  • English
  • 日本語

Don’t you think that programs broadcast on TV are produced by the TV station? In fact, many TV programs are produced by production companies which are subcontracted by TV stations. In this lecture, Mr. Kaoru Nakajima, HR Director and Mr. Takashi Watanabe, Director from TV Asahi Productions Co., Ltd., talked about the type of work at production companies and career path for people who actually produce the programs.

--------------------------------

若者のテレビ離れが進み映像メディアの主流がインターネットにとってかわられるのではないかといわれていますが、中島さんは「それでもテレビはなくならない。インターネットと共存していくでしょう。いずれにしても映像コンテンツを作っている制作会社は揺るぎないでしょう」

It is said that young people do not watch TV as often as before and the Internet will become the mainstream of video media, but Mr. Nakajima has high hopes for the future of TV production companies—“But TV will survive. It will coexist with the Internet. Either way, production companies that produce video contents will maintain solid positioning.”

渡邉さんは入社13年の中堅社員で、番組つくりの現場で日々汗をかいています。大きな事件などが起きると現場に駆け付ける。海外に行くことも多くパスポートを常に持っているそうです。番組つくりについて「正確に伝える義務があります。同時に自己表現の場でもあります」と話

Mr. Watanabe joined the company 13 years ago and now is a mid-level employee. Every day, he puts all his efforts into making TV programs. He rushes to the site when a big accident happens. He often goes abroad so he always takes his passport. When asked about what it takes for the production of TV programs, he said, “It’s your duty to convey the information accurately. At the same time, you can express yourself through the production process.”

入社するとテープのダビングなど補助的な仕事をするアシスタント・ディレクターからスタートし、2年目から取材ディレクターとして現場に。5年目くらいから演出ディレクター、10年目以降にチーフディレクター、さらにプロデューサーと階段を上がっていきます。

After joining the company, one starts from Assistant Director, who does support work like making copies of tapes. From his/her second year, he/she starts fieldwork as a coverage director. From his/her 5th year, he/she is promoted to a stage director and then to the chief director after his/her 10th year and then steps up to a producer, climbing the career ladder step-by-step.

テレビ朝日映像はテレビ朝日の番組の約58%を作っているほか、NHKはじめ多極の番組も作っています。さらに You Tube のチャンネルも持っています。「映像コンテンツを多角的にビジネスにしていくことが重要です」と中島さんは強調しました。

TV Asahi Productions Co., Ltd. is not only involved in producing 58% of TV Asahi’s programs but also produces other TV station’s programs including those for the NHK. The company also runs their YouTube channel. “It’s important to incorporate video content into the business multi-directionally,” stressed Mr. Nakajima.

 

 テレビで放送される番組はテレビ局が作っていると思っていませんか。実際はその多くをテレビ局から発注を受けた制作会社が作っているのです。今回はテレビ朝日映像株式会社の中島郁人事部長と渡邉崇ディレクターのおふたりが、制作会社の業務と、実際に番組つくりを担う方たちのキャリア形成について話してくださいました。

--------------------------------

若者のテレビ離れが進み映像メディアの主流がインターネットにとってかわられるのではないかといわれていますが、中島さんは「それでもテレビはなくならない。インターネットと共存していくでしょう。いずれにしても映像コンテンツを作っている制作会社は揺るぎないでしょう」

 若者のテレビ離れが進み映像メディアの主流がインターネットにとってかわられるのではないかといわれていますが、中島さんは「それでもテレビはなくならない。インターネットと共存していくでしょう。いずれにしても映像コンテンツを作っている制作会社は揺るぎないでしょう」と、制作会社の未来を語りました。

渡邉さんは入社13年の中堅社員で、番組つくりの現場で日々汗をかいています。大きな事件などが起きると現場に駆け付ける。海外に行くことも多くパスポートを常に持っているそうです。番組つくりについて「正確に伝える義務があります。同時に自己表現の場でもあります」と話

 渡邉さんは入社13年の中堅社員で、番組つくりの現場で日々汗をかいています。大きな事件などが起きると現場に駆け付ける。海外に行くことも多くパスポートを常に持っているそうです。番組つくりについて「正確に伝える義務があります。同時に自己表現の場でもあります」と話してくれました。

入社するとテープのダビングなど補助的な仕事をするアシスタント・ディレクターからスタートし、2年目から取材ディレクターとして現場に。5年目くらいから演出ディレクター、10年目以降にチーフディレクター、さらにプロデューサーと階段を上がっていきます。

 入社するとテープのダビングなど補助的な仕事をするアシスタント・ディレクターからスタートし、2年目から取材ディレクターとして現場に。5年目くらいから演出ディレクター、10年目以降にチーフディレクター、さらにプロデューサーと階段を上がっていきます。

テレビ朝日映像はテレビ朝日の番組の約58%を作っているほか、NHKはじめ多極の番組も作っています。さらに You Tube のチャンネルも持っています。「映像コンテンツを多角的にビジネスにしていくことが重要です」と中島さんは強調しました。

 テレビ朝日映像はテレビ朝日の番組の約58%の制作に関わっているほか、NHKはじめ他局の番組も作っています。さらに You Tube のチャンネルも持っています。「映像コンテンツを多角的にビジネスにしていくことが重要です」と中島さんは強調しました。