1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Mr. Shintaro Ikeuchi of Nikkei Inc. (June 30) - “Media Careers” Lectures//日経新聞の池内新太郎さんが、新聞社の紙からデジタルへの挑戦を語る―「メディア・キャリア論」講義(6月30日)
MENU CLOSE

Mr. Shintaro Ikeuchi of Nikkei Inc. (June 30) - “Media Careers” Lectures//日経新聞の池内新太郎さんが、新聞社の紙からデジタルへの挑戦を語る―「メディア・キャリア論」講義(6月30日)

  • English
  • 日本語

In the challenging environment with newspaper sales down and lower advertising revenue, newspaper companies are attempting various survival measures to prepare for the next era. The prime example is the digital version of newspapers. Mr. Shintaro Ikeuchi, the former Manager of the Digital Editorial Headquarters in Nikkei Inc. (currently the head of the Chiba branch), talked about how newspaper companies have been addressing the relevant issues by establishing a new system and changing employee’s mindsets. “Each paper edition and digital edition has different advantages. Combining those advantages will enable more enriched media coverage,” he said.

--------------------------------

メディアキャリア論

The Nikkei currently has the largest number of paid subscribers in Japan, over 500,000, for their digital edition which started in 2010. The digital edition offers about 900 articles a day. “Our advantage is that we offer articles that are not available in the paper edition,” he said.

メディアキャリア論

Showing the image from the movie, “All the President's Men,” of the editorial office at the Washington Post in the 1970’s, Mr. Ikeuchi explained, “Newspaper companies used to have only paper references and telephones.”

メディアキャリア論

The image shows the current editorial office of the same Washington Post. It looks completely different as it is full of digital devices including the panel showing the rankings of most-read articles by readers.

メディアキャリア論

This is the organizational chart of the editorial office of Nikkei Inc. The company is now trying to streamline departments for the paper edition, such as politics department, and Digital Editorial Headquarters. “We do not have any deadline time for our digital edition, but work process of the paper edition is still dominant in the minds of journalists and editors, so many of them are still trying to get the job done by the deadline of the paper edition. The company has been working hard to change employee’s mindsets, as well as the editorial processes, so that the digital edition can be finished first,” explained Mr. Ikeuchi.

 部数減、広告収入減という厳しい環境の中で新聞社は次の時代に向けて様々な生き残り策に挑戦しています。その代表例が新聞の電子版です。日本経済新聞前デジタル編集本部長(現千葉支局長)の池内新太郎さんが新聞社内の体制作り、社員の意識改革などに取り組んできた経験を話してくださいました。「紙の新聞とデジタル新聞にはそれぞれ長所があります。それを組み合わせることでより豊かな報道が可能になります」と語ってくれました。

--------------------------------

メディアキャリア論

 2010年にスタートした日経新聞のデジタル版の有料会員は現在50万人を超え国内最大です。1日に配信される記事は900本にも及んでおり、「紙の新聞では読めない記事が売り物です」という。

メディアキャリア論

 映画「大統領の陰謀」の舞台となったワシントン・ポスト紙の1970年代の編集局の画像を前に、「かつての新聞社は資料と電話だけだった」と説明する池内さん。

メディアキャリア論

 同じワシントン・ポスト紙の現在の編集局の風景。読者のアクセス数の多い順に並ぶ記事のリストのパネルなど、デジタル機器で溢れておて、大きく様変わりしてしいます。

メディアキャリア論

 日本経済新聞社の編集局の組織図です。紙の新聞を作る政治部など各部と、デジタル編集本部の一体化が目指されています。「デジタル新聞に締め切り時間はないのですが、記者や編集者の意識はまだ紙の新聞が中心で、紙の新聞の締め切りに合わせて仕事をしている人が多いです。デジタル新聞から先につくるように、意識も工程も変えようと取り組んでいます」と池内さんは語りました。