1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Mr. Naotsune Hayashi of Yoshimoto Kogyo, Co., Ltd. (June 23) - “Media Careers” Lectures//吉本興業の林尚恒さんが、吉本興業の多様なビジネスを語る―「メディア・キャリア論」講義(6月23日)
MENU CLOSE

Mr. Naotsune Hayashi of Yoshimoto Kogyo, Co., Ltd. (June 23) - “Media Careers” Lectures//吉本興業の林尚恒さんが、吉本興業の多様なビジネスを語る―「メディア・キャリア論」講義(6月23日)

  • English
  • 日本語

Don’t you think Yoshimoto Kogyo is just about comedians and “Yoshimoto Shin Kigeki”? Actually, these are only a part of the company’s businesses. Yoshimoto Kogyo has a more diverse business profile and is expanding into new fields like TV program production, sports businesses, movie production, art businesses, and international businesses. Mr. Naotsune Hayashi, Deputy Manager of Corporate Communication Headquarters, explains: “Our company has not only comedians but also people who are seeking other possibilities”.

--------------------------------

「笑う門には福来る。ポジティブに、前向きに、笑顔で生きましょう。そういう人に情報も、人も、そしてお金も集まります」と語る林さん。

“Good fortune and happiness will come to the home of those who smile. Live your life positively and constructively with a smile. If you live that way, you can get information, people and money around you,” says Mr. Hayashi.

そんな林さんの人生は、大学卒業後に入社した会社が倒産するなど、山あり谷ありの波乱万丈でした。これまでの苦労や成功体験を効果音付きのグラフで説明すると、学生からも笑い声が出ました。

Mr. Hayashi lived a rollercoaster lifestyle with many ups and downs: the first company he joined after graduating from university went bankrupt. He explained his hardships and success stories using graphs and sound effects, which made students laugh.

吉本興業は1912年の創業です。小さな劇場からのスタートでしたが、やがて「お笑いの世界」の独占企業状態となりました。

Yoshimoto Kogyo was founded in 1912. The company started from a small theater but it grew into a giant in the world of comedy, dominating the market.

吉本興業のビジネスの一つに地方自治体と連携した地域活性化のプロジェクトがあります。「いろんなことに柔軟に対応している会社です」と林さんは強調しました。

A community activation project in collaboration with local governments is one of Yoshimoto Kogyo’s businesses. “Yoshimoto is a company with flexibility involved in various things,” stressed Mr. Hayashi.

 吉本興業といえば「お笑い芸人」と「吉本新喜劇」だと思っていませんか。実はこれらは吉本興業の事業のごく一部です。テレビ番組制作、スポーツ事業、映画製作、アート事業、さらには海外にも進出するなど幅広いビジネスに次々と挑戦している会社です。コーポレート・コミュニケーション本部 副本部長の林尚恒さんは「お笑いだけでなく、可能性を求めた人が集まっている会社です」と話してくださいました。

--------------------------------

 

「笑う門には福来る。ポジティブに、前向きに、笑顔で生きましょう。そういう人に情報も、人も、そしてお金も集まります」と語る林さん。

 「笑う門には福来る。ポジティブに、前向きに、笑顔で生きましょう。そういう人に情報も、人も、そしてお金も集まります」と語る林さん。

 

そんな林さんの人生は、大学卒業後に入社した会社が倒産するなど、山あり谷ありの波乱万丈でした。これまでの苦労や成功体験を効果音付きのグラフで説明すると、学生からも笑い声が出ました。

 そんな林さんの人生は、大学卒業後に入社した会社が倒産するなど、山あり谷ありの波乱万丈でした。これまでの苦労や成功体験を効果音付きのグラフで説明すると、学生からも笑い声が出ました。

吉本興業は1912年の創業です。小さな劇場からのスタートでしたが、やがて「お笑いの世界」の独占企業状態となりました。

 吉本興業は1912年の創業です。小さな劇場からのスタートでしたが、やがて「お笑いの世界」の独占企業状態となりました。

吉本興業のビジネスの一つに地方自治体と連携した地域活性化のプロジェクトがあります。「いろんなことに柔軟に対応している会社です」と林さんは強調しました。

 吉本興業のビジネスの一つに地方自治体と連携した地域活性化のプロジェクトがあります。「いろんなことに柔軟に対応している会社です」と林さんは強調しました。