1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. 博報堂生活者アカデミー シニア・プロデューサーの久地楽雅也さんが、変貌する広告会社の役割を語る―「メディア・キャリア論講義」(6月9日)
MENU CLOSE

博報堂生活者アカデミー シニア・プロデューサーの久地楽雅也さんが、変貌する広告会社の役割を語る―「メディア・キャリア論講義」(6月9日)

  • English
  • 日本語

広告は我々にとって身近なものですが、広告会社は何をするところなのでしょうか。博報堂の久地楽雅也さんは、「広告だけではありません。もはやマーケッティングの会社です」と強調しました。そこで働くのは「人間に飽くなき興味を持つ人たちである」と述べ、江戸時代から今日に至るまで、大きく姿を変えてきた広告会社の姿を紹介してくださいました。

--------------------------------

 

久地楽さんは「自問自答のすすめ」から切り出しました。それは「目先を指先でなぞって口先でさばく…。そんな時代に迎合しないでください。焦らず恐れず深呼吸して自問自答を楽しんでください」という強烈なメッセージでした。

久地楽さんは「自問自答のすすめ」から切り出しました。それは「目先を指先でなぞって口先でさばく…。そんな時代に迎合しないでください。焦らず恐れず深呼吸して自問自答を楽しんでください」という強烈なメッセージでした。

コピーライター、デザイナー、プロモーション、アカウント・プロデュースなど博報堂社内の9つの職種についてそれぞれを詳細に紹介してくださった。

コピーライター、デザイナー、プロモーション、アカウントプロデュースなど、博報堂には様々な専門性をもった社員がいることについてそれぞれを詳細に紹介してくださった。

2060年の年齢別人口構成のグラフをバックに、「私たちは日ごろから想像することをやっている。それから、行く、会う、話す、書くなど自分でやってみることが大切だ」と語る久地楽さん。

2060年の年齢別人口構成のグラフをバックに、「私たちは日ごろから想像することをやっている。それから、行く、会う、話す、書くなど自分でやってみることが大切だ」と語る久地楽さん。

最後に学生に求めたのは「一人一人が、will(意欲)、 can(能力)、 must(要求)の輪を大きくしていかなければいけない。その重なり合う部分に未来がある」ということでした。久地楽さんの語り口はエネルギッシュで情熱的で、学生の集中は途切れませんでした。

最後に学生に求めたのは「一人一人が、will(意欲)、 can(能力)、 must(要求)の輪を大きくしていかなければいけない。その重なり合う部分に未来がある」ということでした。久地楽さんの語り口はエネルギッシュで情熱的で、学生の集中は途切れませんでした。