1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Mr. Taro Kamematsu of Bengo4.com News (June 2) - “Media Careers” Lectures//弁護士ドットコムニュースの亀松太郎さんが、インターネットとメディアの未来を語る-「メディアキャリア論」講義(6月2日)
MENU CLOSE

Mr. Taro Kamematsu of Bengo4.com News (June 2) - “Media Careers” Lectures//弁護士ドットコムニュースの亀松太郎さんが、インターネットとメディアの未来を語る-「メディアキャリア論」講義(6月2日)

  • English
  • 日本語

Mr. Taro Kamematsu, who was the Editor-in-Chief of the news section of Bengo4.com, known as a legal consultation portal website, talked about dramatically changing Internet and media, comprehensively presenting plenty of concrete examples. If you choose this field as a job, you have to be aware that “Platform-type Media,” which just offers a series of news articles, is completely different from “Publisher-type Media” in which a journalist collects data and writes articles. In the future, based on his analysis, he pointed out, “The status quo of the media will be fundamentally reviewed and almost all occupations will be involved in media.”

--------------------------------

授業の冒頭で「話の中に出てくる専門用語の意味が分からなければ、持っているスマホで調べてください」と指示する亀松さん。

At the beginning of the class, Mr. Kamematsu advised the students, “If you don’t understand the meaning of any technical terms I use, please look them up on your smartphone.”

 

スクリーンに紹介されたのは、亀松さんの転職歴。大学卒業後、朝日新聞に入社した亀松さんは3年に1回のペースで転職を繰り返し、その間に司法試験の受験も経験して、それが今の仕事にも生かせていうそうです。

Mr. Kamematsu’s career path is shown on the screen. After graduating from university, he joined the Asahi Shimbun and changed his job every three years. During that time, he took the National Bar Examination, an experience which turned out to be useful in his current job.

亀松さんは授業中、教室内を移動し学生に何度も質問をぶつけた。双方向性が講義内容の理解を加速したようだった。

Mr. Kamematsu moved around the classroom and asked many questions to the students. This bidirectional approach appeared to have accelerated the understanding of the lecture.

「メディアとは何か。ペットボトルにも情報が書かれており、立派なメディアだ」と話す亀松さん。

 “What is media? Information is available even on a PET bottle, and this is certainly a form of media,” said Mr. Kamematsu.

 法律相談ポータルサイトで知られる弁護士ドットコムのニュース部門編集長などを務めたジャーナリストの亀松太郎さんが、変貌著しいインターネットとメディアの姿について、豊富な具体例を示しながらわかりやすく語ってくださいました。仕事としてこの分野を選択する場合は、ニュースを並べるだけの「プラットフォーム型メディア」と記者が取材し記事を書く「バブリッシャー型メディア」は全く異なっていることを認識しておかなければならない。さらに今後は「メディアの姿が根本的に見直され、ほとんどすべての職業がメディアにかかわる時代になるでしょう」と分析してくださいました。

--------------------------------

 

授業の冒頭で「話の中に出てくる専門用語の意味が分からなければ、持っているスマホで調べてください」と指示する亀松さん。

 授業の冒頭で「話の中に出てくる専門用語の意味が分からなければ、持っているスマホで調べてください」と指示する亀松さん。

 

スクリーンに紹介されたのは、亀松さんの転職歴。大学卒業後、朝日新聞に入社した亀松さんは3年に1回のペースで転職を繰り返し、その間に司法試験の受験も経験して、それが今の仕事にも生かせていうそうです。

 スクリーンに紹介されたのは、亀松さんの転職歴。大学卒業後、朝日新聞に入社した亀松さんは3年に1回のペースで転職を繰り返し、その間に司法試験の受験も経験して、それが今の仕事にも生かせているそうです。

亀松さんは授業中、教室内を移動し学生に何度も質問をぶつけた。双方向性が講義内容の理解を加速したようだった。

 亀松さんは授業中、教室内を移動し学生に何度も質問をぶつけた。双方向性が講義内容の理解を加速したようだった。

「メディアとは何か。ペットボトルにも情報が書かれており、立派なメディアだ」と話す亀松さん。

 「メディアとは何か。ペットボトルにも情報が書かれており、立派なメディアだ」と話す亀松さん。