1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Mr. Makoto Shimada of Bungei Shunju (April 28) - “Media Careers” Lectures//元『週刊文春』編集長の島田真さんが、スクープの裏側を語る―「メディア・キャリア論」講義(4月28日)
MENU CLOSE

Mr. Makoto Shimada of Bungei Shunju (April 28) - “Media Careers” Lectures//元『週刊文春』編集長の島田真さんが、スクープの裏側を語る―「メディア・キャリア論」講義(4月28日)

  • English
  • 日本語

The second lecturer for “Media Careers” is a former Editor-in-Chief of the weekly “Shukan Bunshun” magazine and currently the Deputy Manager, 2nd Literature Bureau, Literature Publishing Division in the Bungeishunju Ltd. Mr. Shimada is a renowned editor who acted as the Editor-in-Chief not only for the weekly “Shukan Bunshun” magazine but also for the monthly “Bungeishunju” magazine and was behind numerous scoops and plans. In the lecture, he walked us through realistic behind-the-scenes stories about the process of coverage and interviews, and the hardships of creating drafts for the articles he was involved in, including those involving scandals of politicians and celebrities. “What is important is to have an ordinary sense of justice. It’s important to stop a little and think with some doubts”, he said.

--------------------------------

「入社すると全員が必ず週刊文春に配属され、事件取材を経験し編集者の基礎を叩き込まれます」と語る島田さん

Mr. Shimada says, “All newcomers (of Bungeishunju Ltd.) will be assigned to “Shukan Bunshun”, to let them experience the actual coverage of accidents and get the basics of editing hammered into their heads.”

講義の資料には、かつて島田さんが担当したジャニーズ事務所のスキャンダルなど、多くの記事が配られました

As references for the lecture, many articles were distributed, including scandals of Johnny’s Office that Mr. Shimada covered.

授業中、「この記事のタイトルを考えてみてください」と課題を与えられ、真剣に考える学生たち

 During the class, students were thinking hard after they were given the task of: “think of a title for this article”.

 「メディア・キャリア論」2人目の講師は元『週刊文春』編集長で、現在は文藝春秋社の文藝出版局第二文藝担当局次長を務める島田真さんです。島田さんは「週刊文春」のほか月刊『文藝春秋』の編集長も勤め、数多くのスクープや企画を担当してきた有名な編集者です。講義では政治家や有名人のスキャンダルなど自らがかかわった記事について、取材経緯や原稿にするまでの苦労などを生々しく語ってくださいました。そして「大切なことは、普通の正義感を持つこと。少し立ち止まって、どうかなという疑問を持って考えることです」と語ってくれました。

--------------------------------

「入社すると全員が必ず週刊文春に配属され、事件取材を経験し編集者の基礎を叩き込まれます」と語る島田さん

 「入社すると全員が必ず『週刊文春』に配属され、事件取材を経験し編集者の基礎を叩き込まれます」と語る島田さん。

講義の資料には、かつて島田さんが担当したジャニーズ事務所のスキャンダルなど、多くの記事が配られました

 講義の資料には、かつて島田さんが担当したジャニーズ事務所のスキャンダルなど、多くの記事が配られました。

授業中、「この記事のタイトルを考えてみてください」と課題を与えられ、真剣に考える学生たち

 授業中、「この記事のタイトルを考えてみてください」と課題を与えられ、真剣に考える学生たち。