1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. 元「週刊文春」編集長の島田真氏がスクープの裏側を語る―「メディア・キャリア論」講義(4月28日)
MENU CLOSE

元「週刊文春」編集長の島田真氏がスクープの裏側を語る―「メディア・キャリア論」講義(4月28日)

  • English
  • 日本語

「メディア・キャリア論」2人目の講師は元「週刊文春」編集長で、現在は文藝春秋社の文藝出版局第二文藝担当局次長を務める島田真さんです。島田さんは「週刊文春」のほか月刊「文藝春秋」の編集長も勤め、数多くのスクープや企画を担当してきた有名な編集者です。講義では政治家や有名人のスキャンダルなど自らがかかわった記事について、取材経緯や原稿にするまでの苦労などを生々しく語ってくださいました。そして「大切なことは、普通の正義感を持つこと。少し立ち止まって、どうかなという疑問を持って考えることです」と語ってくれました。

--------------------------------

 

「入社すると全員が必ず週刊文春に配属され、事件取材を経験し編集者の基礎を叩き込まれます」と語る島田さん

「入社すると全員が必ず週刊文春に配属され、事件取材を経験し編集者の基礎を叩き込まれます」と語る島田さん

講義の資料には、かつて島田さんが担当したジャニーズ事務所のスキャンダルなど、多くの記事が配られました

講義の資料には、かつて島田さんが担当したジャニーズ事務所のスキャンダルなど、多くの記事が配られました

授業中、「この記事のタイトルを考えてみてください」と課題を与えられ、真剣に考える学生たち

授業中、「この記事のタイトルを考えてみてください」と課題を与えられ、真剣に考える学生たち