1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Mr. Masataka Watanabe of Asahi Shimbun Company (April 21) - “Media Careers” Lectures//朝日新聞社社長の渡辺雅隆さんが、「新聞の未来」を語る-「メディア・キャリア論」の授業がスタート(4月21日)
MENU CLOSE

Mr. Masataka Watanabe of Asahi Shimbun Company (April 21) - “Media Careers” Lectures//朝日新聞社社長の渡辺雅隆さんが、「新聞の未来」を語る-「メディア・キャリア論」の授業がスタート(4月21日)

  • English
  • 日本語

“Media Careers,” which presents key executives, front-line journalists and editors from top companies in the media industry, such as newspaper, TV, publishing and advertising as guest speakers—finally started in Spring, 2017. During each class, the guest speaker talks in detail about the status quo and the future outlook of each field that is unknown to outsiders. Our first guest speaker is Mr. Masataka Watanabe, President and CEO of The Asahi Shimbun Company. Mr. Watanabe said, “Gone are the days of newspapers resorting only to authority criticism. Our future lies in the era of solutions journalism, whereby newspapers contribute to developing solutions in a broader spectrum alongside the readers to address issues that we are facing.”

--------------------------------

年の東日本大震災の時は「多くの記者が様々な手段で被災地に駆け付け、不眠不休で取材し原稿を送り続けた。地震発生直後はテレビも携帯電話も通じない中、被災者のみなさんは新聞が唯一、貴重な情報源だった」と当時の経験を語る渡辺社長。

During the occurrence of the Great East Japan Earthquake in 2011, “Many journalists rushed to the disaster areas using whatever means available. They worked without sleeping or taking a rest, and continued to send drafts. When neither TV nor cellular phones were available immediately after the earthquake, the newspaper was the only important source of information for people in the affected areas”, said Mr. Watanabe, President and CEO, recalling his experience at that time.

(写真2) 講義の途中から上着を脱いで熱い思いを語る渡辺社長。

Halfway through the lecture, Mr. Watanabe, President and CEO, took off his jacket and talked about his passionate thoughts.

(写真3) 出席した学生全員に当日の朝日新聞の朝刊が配られ、その日の記事も授業の教材となりました。

The Asahi Shimbun of the day was distributed to all students attending the class and some articles were used as the topics during the class.

(写真4) 「メディア・キャリア論」はメディアコミュニケーション学科2年生の必修授業ですが、他学部の学生も多く聴講に来て教室は満席となりました。

 “Media Careers” is a required course for the 2nd year students of the Department of Media and Communications, however, the house was full, with many students from other faculties also attending the class.

 新聞、テレビ、出版、広告などメディア産業のトップ企業の幹部や一線の記者、編集者らが登場する「メディア・キャリア論」が2017年度春からいよいよスタートしました。外からでは知ることのできない各分野の現状と未来について、ゲストの方々が毎回、詳しく語ってくれる授業です。最初のゲストは朝日新聞社長の渡辺雅隆さんです。渡辺さんは「新聞が権力を批判するだけの時代は終わり、これからは私たちが直面する問題をどう解決していけばいいのか、新聞も一緒になって答えを生み出していくソリューション・ジャーナリズムの時代だ」と語ってくれました。

--------------------------------

年の東日本大震災の時は「多くの記者が様々な手段で被災地に駆け付け、不眠不休で取材し原稿を送り続けた。地震発生直後はテレビも携帯電話も通じない中、被災者のみなさんは新聞が唯一、貴重な情報源だった」と当時の経験を語る渡辺社長。

 2011年の東日本大震災の時は「多くの記者が様々な手段で被災地に駆け付け、不眠不休で取材し原稿を送り続けました。地震発生直後はテレビも携帯電話も通じない中、被災者のみなさんは新聞が唯一、貴重な情報源でした」と当時の経験を語る渡辺社長。

(写真2) 講義の途中から上着を脱いで熱い思いを語る渡辺社長。

 講義の途中から上着を脱いで熱い思いを語る渡辺社長。

(写真3) 出席した学生全員に当日の朝日新聞の朝刊が配られ、その日の記事も授業の教材となりました。

 出席した学生全員に当日の『朝日新聞』の朝刊が配られ、その日の記事も授業の教材となりました。

(写真4) 「メディア・キャリア論」はメディアコミュニケーション学科2年生の必修授業ですが、他学部の学生も多く聴講に来て教室は満席となりました。

 「メディア・キャリア論」はメディアコミュニケーション学科2年生の必修授業ですが、他学部の学生も多く聴講に来て教室は満席となりました。