MENU CLOSE

生命科学科のカリキュラム

  • English
  • 日本語

カリキュラムの特色

生命科学は地球上に存在するさまざまな生命現象を,分子,細胞,個体および環境レベルで探求する学問です。生命科学科では,必修科目,選択必修科目,選択科目というカテゴリーに分類された専門科目を一定単位数履修します。必修科目では,生命科学を学ぶ上で必要な基礎科目として,基礎化学,生物学,生化学,基礎分子生物学などを学びます。また,基礎的な実験手法,論理的思考および表現方法を習得するために,化学実験,生物学実験,生命科学実験を段階的に配置しています。4年次では配属された研究室で卒業研究に着手することで,主体的に研究活動に取り組む能力を養います。選択必修科目では,生命科学の科目を基礎科学・動物・植物・微生物の分野に分け,各分野を基礎から専門まで体系的に幅広く学び,さらに3年次以降は専門性の高い科目を配置しています。また,選択科目では必修科目や選択必修科目の内容を補完する生命科学周辺分野の科目を配置しています。これらの専門科目を履修することにより,幅広い視野をもって生命現象を探求することのできる人材を目指しています。

生命科学科

4つの専攻分野

バイオ分子科学分野

全ての生命は多種多様かつ膨大な数の分子から構成された分子集合体です。生命の不思議を探求するためには、個々の分子の性質や働き、さらには分子同士の間に働く分子間相互作用の理解と測定手法の修得が必要になります。これらを元に、バイオセンサーや超分子システム、ナノテクデバイスなどの開発へとつなげます。

動物・人間科学分野

動物のからだの発生過程とその生理機能は、複雑かつ緻密に制御されています。本分野では、遺伝子やタンパク質に支えられている、ヒトを含む動物のからだのしくみの持つ普遍性と多様性を探求します。あわせて、幹細胞や、脳神経系などに関する専門知識を修得し、生命倫理を育みつつ、胚培養や再生医学、創薬など生命科学の社会への応用に至る視点を養います。

植物科学分野

植物は大きな移動能力を持ちませんが、周囲の環境に応答し、独立栄養生物として私たちの生活を支えています。本分野では、このメカニズムを分子・遺伝子レベルで学びます。あわせて、生産性や環境耐性の高い植物の開発による食糧問題への貢献や、高機能成分を持つ植物の開発による医療・健康問題への貢献をめざして、必要となる知識や技術を身につけます。

微生物科学分野

地球上には高温,強アルカリ性などの極限環境を好む生物や,放射線,紫外線,化学薬剤などさまざまな環境ストレスに対応する生物が存在しています。本分野では,生命が備えている環境に適応するメカニズムを学びます。その中で,環境保全
や医療診断技術,さらには創薬や食料資源確保などの分野に役立つ知識や分析技術を身につけます。