MENU CLOSE

応急手当

  • English
  • 日本語

応急手当

勝手な判断は状態の悪化を招きます。応急手当後は医療機関へ行きましょう。

やけど

流水で数分冷やす。(やけどした部位に直接強い水圧をかけない)。水疱は破らず、きれいなガーゼで保護する。症状によっては医療機関へ。

擦り傷・切り傷

出血が少なく傷口が汚れていたら、きれいな水で洗い流しガーゼを当てる。出血が多い場合には、傷口にガーゼ等を当て強く押え止血する。

骨折・脱臼

受傷部位を布や三角巾等で固定し医療機関へ。

ねん挫・つき指・打撲

動かさず氷などで冷やす。腫れや痛みが強い場合には、必ず医療機関へ。

ハチ刺され

刺された部位をよく洗い流し、針が残っている場合には、除去し水や氷などで冷やし医療機関へ。

熱中症

涼しい場所に移し、衣類をゆるめ体を冷やす。スポーツ飲料や薄めの食塩水を少しずつ与える。ぐったりしたままの状態や意識がない時には、すぐに救急車を呼ぶ。

鼻出血

座った状態で小鼻を約10分間強くつまみ、額を冷やす。血液は飲み込んだりしない。上を向いて首をたたくのは危険。

頭部打撲

出血がある場合は圧迫し、こぶがある場合には冷やす。しばらく安静にし、様子を観察する。吐き気、嘔吐・意識消失(数秒でも)等があったらすぐに医療機関へ(数日後に症状が出る場合もある)。

脳貧血

すぐに寝かせ足を高くし衣類をゆるめ、保温する。吐き気がある時は顔を横に向ける。

食中毒 

むやみに薬を飲ませない。毛布等で保温し、水分を十分にとらせて、すぐに医療機関へ。

急性アルコール中毒

衣服をゆるめて楽にし、身体が冷えないよう毛布などで保温する。吐く場合を考え、横向きに寝かせ頭を後ろにそらせる。吐いた時には、喉に吐物を詰まらせないように口の中の吐物を取り除く。酔いが覚めるまで一人にしないようにする。呼んだり、たたいたりしても反応がない場合や、体温の低下や呼吸に乱れがある場合には、救急車を呼ぶ。

「急性アルコール中毒について」のページはこちら

過呼吸発作

呼吸が乱れ、吸う呼吸が多くなり苦しくなる。その結果、頭痛やめまい、唇や手足のしびれ、胸の痛み、時にはけいれんや失神などの症状を伴うことがある。対処法として、ゆっくりと呼吸をする。たいてい30分位で軽快するが、改善しない場合は医療機関へ。