1. トップページ
  2. Student Support//学生生活
  3. 医務室
  4. 急性アルコール中毒について
MENU CLOSE

急性アルコール中毒について

  • English
  • 日本語

急性アルコール中毒とは?

※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。

急性アルコール中毒は、身体の機能を侵す「中毒症」です。短時間に大量のアルコールを摂取したり、体内でのアルコールの処理ができにくい体質の人がアルコールを摂取すると起こります。
アルコールの分解産物であるアセトアルデヒドの毒性によって、ひどい二日酔い状態や血圧低下が起こります。また脳の中枢がアルコールそのものの作用によって麻痺すると、呼吸が止まって死にいたる可能性もある、非常に危険なものです。

注意するべきことは?

  1. 短時間のうちに多量の飲酒(イッキ飲み)はしないよう気をつけましょう。

  2. 自分の適量を知るとともに、その日の体調にも注意しましょう。

  3. 飲酒の無理強いは、絶対にしてはいけません。

  4. 空腹のときは、飲酒しないようにしましょう。

  5. 酔った人がいたら、一人にしないように周囲の人が付き添うことが大切です。

  6. お酒が飲めない体質の人は周囲に「お酒が飲めない体質である」ことをアピールしましょう。

万が一意識がもうろうとした場合

アルコールの危険性を認識し、飲酒による事故を起こさないようにすることが第一です。
それでも万が一のときは・・・

  1. 飲酒によって意識がもうろうとした状態で横たわると、嘔吐物がのどにつまって窒息することがあります。→回復体位(下図)をとらせましょう。

  2. 酔った人がいる場合は、酔いが醒めるまで付き添い、目を離さないようにしましょう。また、帰宅途中でも事故などの危険があるため、自宅へ送るなどの対応をとりましょう。

  3. 生命に直接関係するような症状(呼んだりたたいたりしても反応がない・体温が低下している・呼吸が乱れる等)の場合は救急車を呼びましょう。
    →心肺蘇生術を覚えておきましょう。 『心肺蘇生法』を覚えよう!  [PDFファイル/354KB]

    回復体位イラスト:東京消防庁ホームページより

    回復体位(窒息を防ぐための体位)・・・身体を横向きにして気道を確保する。
    (イラスト:東京消防庁ホームページより)

お酒を飲むときに気をつけること

  1. ゆっくりと自分のペースで飲む。

  2. 自分の適量を知るとともに、その日の体調にも注意しましょう。

  3. 自分の適量にとどめる。

  4. 食べながら飲む。

  5. 濃いアルコール飲料は薄めて飲む。

  6. 楽しく飲む。

 絶対にNo!

一気飲ませはNo!

  • 未成年者の飲酒―心身の発達を害することがあるため(未成年者飲酒禁止法)
  • 飲酒運転―運動機能・認知機能が低下するため(道路交通法)

また、強制的な「イッキ飲ませ」は、急性アルコール中毒を起こさせ、最悪の場合「死」という結果を招くこともある危険な行為です。こうなると、「イッキ飲み」を強要した人は刑法上の犯罪として処罰されることがあります。

アルコールご注意!![PDFファイル/175KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)