MENU CLOSE

国際経済学科のゼミ紹介

  • English
  • 日本語

ゼミ紹介

大学と高校の一番の違いはゼミ。ゼミ(ゼミナール、セミナーともいいます)とは、少人数クラスのことで、先生を囲んで専門的な勉強をします。ゼミの運営は先生によって違い、ディベートやプレゼンテーション、ゼミコンパやゼミ合宿など、多様なプログラムが準備されています。

「ゼミの仲間は一生の仲間になる」とよく言われます。国際経済学科では、1年生の基礎ゼミが必修です。2年生以降のゼミは選択制となっていますが、大学に入ったのならぜひゼミを履修しましょう!

専門ゼミの紹介


大野ゼミ

担当: 大野 裕之 教授

テーマ:経済現象の実証分析

指導方法

PCを使った統計処理の実践、ExcelやEviewsを用いて回帰分析の基礎を教授する。

大野ゼミのホームページ


郝ゼミ

担当: 郝 仁平 教授

テーマ:変貌する中国の経済と社会

ゼミの内容

本ゼミの目標は中国経済全般に関する知識を身につけることにあります。具体的には、新聞記事や文献などを素材とし、中国の政治・社会・経済などの基礎知識を学びながら、その経済発展の歴史、現状および問題点などを考えます。

併せて中国の経済発展が世界経済に与える影響、日中経済関係の現状と課題なども検討・論議したい。

「全員参加型」ゼミを目指しますので、ゼミ生が積極的に論議に参加することが課せられます。


川野ゼミ

担当: 川野 祐司 教授

テーマ:ヨーロッパ経済入門

ゼミの内容

テキストを離れて、レポート・論文の輪読に挑戦してみましょう。また、Excelなどを用いて統計データの扱い方も習得します。これまで行った勉強と情報スキルを使って、レポートの作成を行います。

ゼミでの勉強の成果を果たすために、経済学検定への挑戦を予定しています。各種資格、公務員試験などに向けた勉強も大いに奨励しますので、いろんなものに挑戦して下さい。

指導方法

毎回、全員がマーケットレポートとレジュメを作成します。ゼミの流れは、まずマーケットレポートの報告を行った後、私が輪読資料について簡単な解説を行います。その後、報告、ディスカッションを行います。


栗原ゼミ

担当: 栗原 武美子 教授

テーマ:日本と北米の経済関係について

ゼミの内容

第二次世界大戦後の日本と北米の経済関係について、貿易・投資ならびに通商政策の変化に焦点を当てて学ぶことを目的とする。

先ず、2年次では『現代日本経済』によって、戦後の日本経済の復興および発展を歴史的に概観する。
さらに、『アメリカの通商政策』によって、アメリカの通商政策の各時代の特徴とその変遷について理解を深める。
3年次、4年次では、日本とアメリカとの間の貿易摩擦を鉄鋼・自動車・半導体・コンピューターなどを主な事例として取り上げ、そのプロセスを具体的に検討する。


佐野ゼミ

担当: 佐野 聖香 准教授

テーマ:現代の世界・日本の食料・農業問題

ゼミの内容

各自興味関心のあるテーマで卒業論文が書けるように、2年生・3年生ゼミでは国際経済・農業経済などのテキストを使って、現代社会を取り巻く課題を探っています。

指導方法

ゼミ生による報告(テキストおよび各自の研究テーマ)とディスカッションを中心に進めています。 また、持ち回り制でその週に関心を持ったニュース(経済事情・国際問題など)についても発表してもらっています。これらを通して、社会・経済の動向に敏感になること、見聞したことを自分の言葉で表現すること、自分自身の意見をもつなど、社会に出ていく上で不可欠な能力を養うことにも力をいれています。


隅田ゼミ

担当: 隅田 和人 准教授

テーマ:経済データの分析

ゼミの内容

このゼミでは、経済データの分析方法を学び、実際の分析に応用し、それを報告できるようになることを目標にしています。
分析方法の習得については、テキストの「輪読(りんどく)」を通して、分析方法の応用は、レポート作成を通して行えるようになってほしいと思っています。
このようなゼミでの活動を通して、「読み、書き、話す」の練習をします。


外木ゼミ

担当: 外木 暁幸 准教授

テーマ:計量経済分析

ゼミの内容

統計ソフト「R」を用いて経済データを分析する手法を習得することを一つの目標としています.
社会科学的な問題意識を持ち,理論とデータを用いて経済構造を明らかにし,問題を解決する政策について考える.そして,結果を論文にまとめて発表し議論する.そうした知的プロセスの体得を目指しています.


中川ゼミ

担当: 中川 利香 教授

テーマ:アジア諸国の経済発展と課題

ゼミの内容

2年次の前半はCritical Thinkingについて学びます。Critical Thinkingは、書き手や話し手の結論は何か、結論をサポートするのに適切かつ十分な証拠が示されているか、収集した情報の出所は適切か、データは適切に使われているかなどを見極めるスキルです。

2年次の後半から3年次にかけては、アジア開発銀行や世界銀行などの国際機関が発表した英語の文献を使用してアジア経済の理解を深めます。3年次の後半は各自の研究テーマを決めて調査を行い、その発表を行います。その過程で各自の研究テーマの理解を深め、卒業論文のテーマに発展させていきます。

4年次は卒業論文の執筆を行います。卒業論文では、アジア諸国が抱えている課題を発見し、その課題を解決する方法を考えてもらいます。

指導方法

本ゼミの使用言語は英語です。英語でのディスカッションを通して文献の内容の理解を深めたり、議論の仕方を学んだりします。また、文献の内容を聴き手に分かりやすく発表するトレーニングも行います。「英語」「アジア経済」というツールを使い、課題を発見する力、課題を解決する力、自身の考えを明確な証拠を提示しながら述べる力、他者の意見から自分の考えを発展させる力など、社会に出て必要になる力を養います。一定程度の英語の力(Listening、Reading、Writing、Speaking)は必要です。


中北ゼミ

担当: 中北 徹 教授

テーマ:グローバリゼーションの進行と日本経済

ゼミの内容

2、3年生には経済学の学習をサポート、4年生には卒業論文を制作することを目的に指導していきます。昨年度は『2年次:報告論文集』を制作し、全員に配布しました。また、日経新聞,経済に関する専門の番組などを批判的に読み、聞き、さらに、自分の意見がしっかり述べられるような実力の涵養をめざします。


平瀬ゼミ

担当: 平瀬 和基 准教授

テーマ:経済理論の基礎と応用

ゼミの内容

経済理論を学び、それがどのように使われうるのか理解することを目的とします。ゼミ生によるテキスト・論文とグループ学習の発表、議論を主とします。経済理論に限らず、人に何かを伝えるということは重要です。良い訓練の場にしてください。

ゼミの雰囲気を詳しく知りたい方は、 「ゼミの話」 をクリックしてください。


藤井ゼミ

担当: 藤井 信幸 教授

テーマ:日本経済の発展の歴史

ゼミの内容

第一に、4年次における卒論作成のためにノウハウの習得(PCを使用したデータ分析やレポート作成のトレーニング)、第二に、合同ゼミのための共同作業です。卒論の作成を通じて、情報の収集、データ分析、プレゼン、そして論理的な文章の作成という社会でも必要とされる問題発見・問題解決・コミュニケーション能力の開発を図ることができますので、本ゼミ参加者には全員4年次に卒論を作成することを目標としてもらいます。

2~3年次には他ゼミとの合同ゼミ(討論会)を課しますが、これは4~5名が1グループとなってプレゼンやディベートに当たります。全員がチームの一員として役割を分担し責任を果たすことが求められます(詳細はゼミのホームページを参照してください)。

合同ゼミと合宿(8月末)は、通常の時間外に実施しますが、全員参加が原則ですので、参加する意志のない学生は本ゼミを志望しないでください。

藤井ゼミのホームページ


道重ゼミ

担当: 道重 一郎 教授

テーマ:近現代社会における経済の発展と企業

ゼミの内容

2年の春学期ゼミでは19世紀以降の欧米の経済史や経営史に関する基本的な知識を確認する作業をおこなっている。秋学期には英米独など地域経済に関するグループ報告をおこなう。

3年のゼミでは、2年で習得した知識を前提にして、流通業や消費などに関する基本的な文献を検討し、卒業論文の準備をおこなう。昨年は英米日の企業発展の比較をおこなった文献を読み、今年はドイツの経済発展をアメリカと比較しながら検討している。

4年ゼミでは、卒業論文の作成をおこなう。ゼミ生の希望を考慮して各自のテーマを設定し、卒業論文を作成する。夏休み前には中間報告会を開催し、12月の卒業論文提出に向けた準備をおこなう。


棟近ゼミ

担当: 棟近 みどり 教授

テーマ:リスキー・ワールドを読み解く

ゼミの内容

最近話題の“金融工学”(ファイナンス)、特に現代資産選択理論をH・マーコヴィッツの分散投資から学び始めています。

ゲーム(サイコロを振ってランダム・ウオークの体験)をしたり、ビデオ(マーコヴィッツのノーベル賞業績が実は“落第すれすれ”の博士論文だった)を見たりして、なるべく面白く理解できるよう心がけています。

秋学期は、グループでポートフォリオ方針を決め、インターネット上のバーチャル市場で株式売買を体験し、レポートを作成します。単なる投機的な投資ゲームではなく、投資先の企業研究や市場調査を通じて、来るべき就職活動の際の意思決定に役立つように配慮しています。

「経済学は意思決定科学である。」これはノーベル経済学賞受賞者グレンジャーの言葉です。人生における「より良い意思決定」のために学びましょう。しかし、意思決定で変えられるのは、“自分”と“未来”、“他人”と“過去” は変えられません。先入観念にとらわれない自由な発想こそ、独創の始まりです。