1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. Faculty of Economics, Department of International Economics//経済学部国際経済学科のニュース一覧
MENU CLOSE

Department of International Economics, Faculty of Economics//経済学部国際経済学科

News

2017年11月16日更新
国際経済学科 1年生向け第2回キャリア形成支援講座
2017年10月23日更新
実施報告:2017年度海外研修(アメリカ)
2017年10月9日更新
実施報告:2017年度海外研修(中国):2017年8月11日~8月22日
2017年7月25日更新
国際経済学科 佐野ゼミナール フードドライブ活動
2017年7月3日更新
経済学部TOEIC優秀者表彰式を行いました
2017年6月27日更新
国際経済学科 1年生向け第1回キャリア講演会
2017年5月11日更新
国際経済学科 2017年度フレッシュマンアセンブリー
2017年4月14日更新
2017年度 経済学部新入生 父母ガイダンス(報告)
2017年4月13日更新
藤井ゼミ(国際経済学科)が、新潟県「大学生の力を活かした集落活性化事業」成果報告会で発表
2017年4月10日更新
平成28年度 東洋大学経済学部成績優秀者表彰式を挙行
2017年3月28日更新
2016年度 経済学部欧州海外研修の報告:2017年3月1日~3月12日
2017年3月20日更新
2017年度 経済学部新入生 父母ガイダンスについて
2017年1月6日更新
国際経済学科 1年生向け第2回キャリア形成支援講座
2016年10月26日更新
道重一郎教授(国際経済学科)が『英国を知る』を刊行
2016年10月13日更新
藤井ゼミ(国際経済学科)が、新潟県「大学生の力を活かした集落活性化事業」中間報告会に参加
2016年9月26日更新
経済学部主催「学生との意見交換会」を開催しました
2016年8月26日更新
実施報告:2016年度海外研修(中国):2016年8月11日~8月22日
2016年6月16日更新
国際経済学科でケント アイリング カルダー顧問による特別講義を開催しました
2016年6月14日更新
国際経済学科 1年生向けキャリア形成支援講座
2016年5月27日更新
国際経済学科 南洋理工大学との交流
2016年5月24日更新
国際経済学科 フレッシュマンアセンブリー
2016年5月20日更新
国際経済学科 「東京税関の役割」セミナー
2016年5月10日更新
国際経済学科 留学セミナー
2016年4月8日更新
藤井ゼミ(国際経済学科)が、新潟県「大学生の力を活かした集落活性化事業」成果報告会で発表
2016年4月7日更新
国際経済学科 留学生連絡会
2016年4月1日更新
国際経済学科教員紹介(守田 貴弘)
2016年1月29日更新
国際経済学科 1年ゼミプレゼン大会
2015年12月17日更新
経済学部による中国・アジアフェアの講演会を開催しました
2015年12月17日更新
国際経済学科 特別講演「税関の概要と日本の財政について」を実施
2015年12月14日更新
2015年度東洋大学経済学部第14回中国語朗読コンテスト開催
2015年11月30日更新
経済学部 中国・アジアフェア、公開国際シンポジウム「中国経済の新常態と社会・文化の変容」(11月28日開催)
2015年11月26日更新
国際経済学科 1年生向け第2回キャリア講演会
2015年11月18日更新
経済学部 中国・アジアフェア、授賞式並びに懇親会開催(11月18日開催)
2015年11月18日更新
経済学部 中国・アジアフェアの第二回講演会(11月18日開催)
2015年11月18日更新
経済学部中国・アジアフェアー・プレゼンコンテスト開催
2015年10月2日更新
国際経済学科 2年生向け留学ランチセミナー
2015年10月1日更新
国際経済学科 1年生向け留学ランチセミナー
2015年10月1日更新
藤井ゼミ(国際経済学科)が、新潟県「大学生の力を活かした集落活性化事業」中間報告会に参加
2015年9月24日更新
実施報告:2015年度海外研修(アメリカ)
2015年9月24日更新
国際経済学科の学生が、須玉町増富地域(山梨県北杜市)で合宿を行いました
2015年8月17日更新
国際経済学科 卒業論文
2015年7月22日更新
白山経済学会 学会役員の会合を行いました
2015年6月16日更新
経済学部 第8回留学生連絡会
2015年6月4日更新
国際経済学科 1年生向けキャリア講演会
2015年5月9日更新
【全学部対象】2015年度 経済学部英語特別講義の開催(ネパール大使登壇)
2015年4月23日更新
国際経済学科 フレッシュマンアセンブリー
2015年4月13日更新
平成27年度 東洋大学経済学部成績優秀者表彰式を挙行
2015年4月13日更新
2014年度 経済学部欧州海外研修の報告

Department of Social Psychology

Educational Goals

The department strives to foster “human resources with practical competence and the ability to actively work in an international society,” in addition to an understanding of economics necessary for engaging in global economic activities, skills for communicating in multiple languages (including English), and competency in information processing (including utilizing the Internet).

Policies of the Department of International Economics

Overview

Students in the Department of International Economics will acquire the sound foundation in economic theory that is expected of those in the Faculty of Economics. Starting in their first year, students will also study developments in economics and society in areas around the globe to gain a broad-based perspective on international economics and society. From the second year, students will utilize their individual awareness of issues to engage in the empirical study of international economic frameworks that are increasingly globalizing in the 21st century, focusing on the concrete aspects of economic conditions, trade, international finance, and corporate activities in various parts of the world, including Japan.

 Further, required classes up to the second year strive to instill in students practical English skills taught by native-speaking teachers, along with foreign language skills in another non-English language (German, French, or Chinese). Other elective classes until the fourth year of the program enhance and promote students’ international understanding through language acquisition.

Program Features

Required seminar classes offered from the first to the fourth year provide students with presentation, discussion, debate skills, and proficiency in writing.

 Students may study a non-English foreign language (German, French, or Chinese) until their fourth year, including classes in TOEIC, German Language Certification, French Language Certification, and Chinese Language Certification, which fosters language ability necessary for responding to the changes of globalization.

 Support for students’ careers is also offered through career formation classes such as Career Design and Internship Practicum, which helps students develop an idea of what work would be like in a company or government office after they graduate. These practical studies and experiences that are offered starting in the first year of the program help students select an occupation and plan for the future.

教育目標

「国際社会を舞台に活躍できる実践的な人材」の育成を目指し、国際的な経済活動に必要な経済学の知識、英語をはじめとする複数の言語によるコミュニケーション能力、そしてインターネットの利用を含む情報処理能力の修得を目指します。

国際経済学科のポリシー

概要

国際経済学科では、経済学部の学生として基礎的な経済理論をしっかりと身につけるとともに、国際経済・社会に対する幅広い視野を持つため1年次から世界各地の経済・社会の動向を学びます。2年次以降は、学生それぞれの問題意識をもとに、21世紀ますますグローバル化する世界経済の仕組みを、日本を含む世界各地の経済状況や貿易、国際金融、あるいは企業活動などの具体的な姿をとおして実証的に学びます。
また、外国人講師による実践的な英語力の育成とともに、英語以外のもう一つの外国語(独・仏・中国語)を2年次までの必修科目として、さらに4年次まで学べるようにするなど、語学修得による国際理解の増進も目指しています。

特色

1年次から4年次まで必修のゼミナール教育では、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートの能力や文章力などが身につきます。
英語以外の外国語(独・仏・中国語)を4年次まで学ぶことができ、「TOEIC」「検定ドイツ語」「検定フランス語」「検定中国語」といった科目を用意するなど、国際化に対応した語学力を養います。
「キャリアデザイン」「インターンシップ実習」といったキャリア形成支援科目では、卒業後の企業や官公庁への就職を見据え、1年次からの実践的な学習・体験を通して、職業選択・将来設計のためのキャリアアップを図ることができます。