1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. Faculty of Economics, Department of International Economics//経済学部国際経済学科
  5. 藤井ゼミ(国際経済学科)が、新潟県「大学生の力を活かした集落活性化事業」中間報告会に参加
MENU CLOSE

藤井ゼミ(国際経済学科)が、新潟県「大学生の力を活かした集落活性化事業」中間報告会に参加

  • English
  • 日本語

2015年9月8日、新潟県が行う過疎地域等の活性化のため、大学生が集落に入り、住民と交流する中で集落活性化のヒントを探る「大学生の力を活かした集落活性化事業」の中間報告会に、経済学部国際経済学科の藤井信幸ゼミが参加しました。

当事業は、過疎・高齢化等により地域内の活動の担い手が不足している集落に、外からの力として大学ゼミ等が入り、大学生の若い発想力や行動力、専門知識を活かして集落活性化に向けた調査研究を行い集落活性化策のヒントを探るほか、住民と学生とが交流し互いに刺激し合うことで地域の活力向上を図ることを目的に実施しています。
今回、藤井ゼミは「能生Country 能生Life 糸魚川市上南地区におけるCountry Lifeの魅力を伝える移住体験ツアーの提案」と題した発表を行いました。

報告内容については下記サイトからご覧ください。

<関連リンク>
新潟県WEBサイト
藤井信幸教授ページ