1. トップページ
  2. For Students//在学生の方
  3. 学部・学科
  4. Faculty of Economics, Department of International Economics//経済学部国際経済学科
  5. 国際経済学科の学生が、須玉町増富地域(山梨県北杜市)で合宿を行いました
MENU CLOSE

国際経済学科の学生が、須玉町増富地域(山梨県北杜市)で合宿を行いました

  • English
  • 日本語

9月16日付けの「八ヶ岳ジャーナル」(山梨県北杜市)紙に、経済学部国際経済学科の学生約50人が参加した、須玉町増富地域の課題解決に取り組む「里山の価値再発見、里山再生プログラム」に関する記事が掲載されました。

国際経済学科の学生は、8月24日~26日の3日間にわたって、高齢化などの課題を抱える同地域の「地域づくり」をテーマに、空き家の調査、郷土料理の調査、鳥居づくりや遊歩道の整備、看板の修復などに参加。最終日には、学生による調査発表会が開催され、同地域の今後の課題や改善点が提案されました。

増富地域再生協議会が、農林水産省の「都市農村共生・対流総合対策交付金」を活用して行う本事業は、今後2年間かけて行われ、引き続き本学学生も地域住民との対話などに参加する予定です。