MENU CLOSE

【国際経済学科】フードロスへの取組みを行っています!

  • English
  • 日本語

経済学部国際経済学科では、佐野聖香 准教授が中心となって、学生が学内におけるフードロス活動を始めています。

1.学内におけるフードドライブ活動

フードドライブとは、家庭にある食品を持ち寄り、必要としている方々に寄付する活動です。
本活動は2年目を迎えるもので、2018年7月2日から6日まで白山キャンパスにて実施、今年は300点の食品を集めることをを目標としています。
集めた食品は文京区役所に運び、区役所で仕分けのうえ、NPO団体を通じて福祉団体や施設に寄付することにしています

フードドライブ活動報告(2018年8月3日更新) [PDFファイル/1.29MB

Yahoo!記事(井出留美氏)でも取り上げられました

 

活動の様子回収した食品

2.文京区のフードドライブ活動の仕分けに参加しました(7/24)

 

fd1fd2

活動報告書 [PDFファイル/935KB

 

活動の様子は、文京区民チャンネルでもとりあげられました。

 

3.学内の備蓄水を福島へ届けます

学内の「備蓄水」の保管期限が迫っているものについて、NPO団体[Fukushimaいのちの水]へ寄付することになりました。
国際経済学科の学生が、この水がどのように提供されていくのか、その過程をボランティア活動を通じて確認していきます。

 

7月20日に学内の備蓄状況を調べました(備蓄ツアー報告 [PDFファイル/431KB])。

 

東洋大学では、8月8日に備蓄水2100箱をNPO団体[Fukushimaいのちの水]へ寄贈しました

8月20日に取材も兼ね同団体の配布作業の手伝いを行ってきました(取材記事 [PDFファイル/1.38MB])      

備蓄配布の手伝い     

 

 

4. 文京区食べきり協力店店舗拡大にむけ協力しています。

5.学内におけるフードロス削減にむけての提言を行います

学内において実践できるフードロス削減のアイデア・企画を学生から募集し、提案する機会を設けます。優秀な提案には表彰することにしています。

提言会詳細 [PDFファイル/468KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)