1. トップページ
  2. 国際文化コミュニケーション学科
  3. 国際文化コミュニケーション学科の教育方針(ポリシー)
MENU CLOSE

国際文化コミュニケーション学科の教育方針(ポリシー)

  • English
  • 日本語

国際文化コミュニケーション学科 3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

(1)高い英語の運用能力を有し、さらにそれを向上させる強い意欲を持つ者。

(2)異なる文化を持つ世界の人々との意思疎通の能力および意欲を有する者。

(3)日本、欧米等世界の多様な文化について深く理解する能力と意欲、異文化間の交流に寄与する意思と表現能力を有する者。

(4)多様な学問領域にわたる課題を解決する総合的な学力と意欲を有する者。

(5)自ら問題を発見し解決していく探求心、創造力、協働力、統率力を有する者。

(6)海外での様々な文化背景と体験を有し、本学科に多様性をもたらし得る者。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国際文化コミュニケーション学科では、グローバル社会で活躍するための高度な語学力と文化の多様性に対する深い理解を身に付けた人材を養成することをめざす。その目的のため、学科のカリキュラムは、幅広い教養の涵養を目指して全学で運営される基盤教育、外国語(英語に加えてさらに一つの外国語を学ぶ)を含む文学部基盤科目、学科教育の中心を形成する専門科目群から成り立っている。専門科目群の編成と運営の方針は以下のとおりである。

(1)基礎科目群 
基礎領域に配置されるのは、本学科における必修科目である。まず、1、2年次を通じて「英語リスニングとスピーキング」、「英語リーディングとライティング」を配置し、英語力の基礎を徹底して習得させる。また、大学での学びを円滑にスタートさせることを目的とする「入門ゼミナール」から最終学年の「卒論ゼミナール」まで各学年に「ゼミナール」を配置し、多様な学問テーマの中から学生が個々に興味関心を深め、論理的・批判的思考力、問題解決能力、課題探求心、協働力、リーダーシップなどを身に付けるようにする。「卒業論文」は学科での学修の集大成として位置づけ、専任教員全員で指導にあたる。

(2)言語コミュニケーション科目群
文学部基盤科目における外国語学修の基礎の上に立ち、英語を中心に、ドイツ語・フランス語を含めた多言語・多文化間のコミュニケーション能力を向上させることを目的とする科目群である。高度な英語運用力の養成をめざす「資格検定英語」、「放送英語」など、言語としての英語の諸相を理解するための「英語学」、「英語文体論」、「高等英文法」などに加え、ドイツ語、フランス語科目も配置されている。

(3)国際文化科目群
世界の多様な文化に関する知識・理解と研究能力の修得をめざす科目群である。地域文化の学修の入門としての「地域文化学入門」、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスの各文化圏における風土、歴史や文化を学ぶための科目群、異文化理解や文化間交流に関する科目群、その他、科学と文化の関わり、児童文化なども含め、多様な講義科目群を開講する。さらに、海外への発信を視野に入れた新たな視点での日本文化研究を目指し、アニメーションや映画など多様な分野にわたる日本文化関係科目を配置する。

(4)社会・キャリア・資格科目群
社会における実践的なキャリア能力を習得するための科目群で、英語の教職(中学・高校)をめざす教員養成課程、外国語としての日本語を教授する教員を養成するためのプログラムのほか、企業で活躍する講師の指導のもとで働きかたや企業について学ぶ「キャリア形成デザイン」を配置する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

(1)高度な英語運用能力を身に付け、多極化するグローバル社会の中で自ら考え行動し発信することができる。

(2)英語のみならず、ドイツ語・フランス語・日本語などの多言語への理解、国際コミュニケーションを推進する意思と力を身に付けている。

(3)自国の文化及び異文化についての深い理解と教養、複眼的な視点を持ち、バランスのとれた国際感覚を身につけている。

(4)資料読解・分析力、論理的思考力、表現力を身に付け、自ら設定した問題を解決していくことができる。

(5)多様な環境の中で自己を律し、他者と協働し、社会の発展に貢献することができる。