1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. Faculty of Letters, Department of History//文学部史学科のニュース一覧
MENU CLOSE

Department of History, Faculty of Letters//文学部史学科

News

2017年11月16日更新
【書籍紹介】岩下哲典先生が編者の『地域から考える世界史-日本と世界を結ぶ』が出版されました
2017年9月26日更新
【書籍紹介】岩下哲典先生の『津山藩』が出版されました
2017年9月6日更新
【書籍紹介】岩下哲典先生の『病とむきあう江戸時代』が出版されました
2017年7月20日更新
【書籍紹介】岩下哲典先生が監修した『幕末維新の古文書』が出版されました
2017年6月24日更新
史学科主催 文学部キャリア講座が開催されます。
2017年6月24日更新
【書籍紹介】村田奈々子先生が監修したマーク・マゾワー『バルカンー「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』が出版されました
2017年5月23日更新
2017年度卒論発表会をおこないました
2017年5月19日更新
国立歴史民俗博物館での調査実習をおこないました
2017年5月5日更新
【書籍紹介】大豆生田稔先生が編者の『軍港都市史研究 VII国内・海外軍港編』が出版されました
2017年4月20日更新
【書籍紹介】岩下哲典先生の講演が収録された『岡山蘭学の群像2』が出版されました
2017年4月3日更新
【書籍紹介】後藤はる美先生が共編者の『痛みと感情のイギリス史』が出版されました
2017年3月21日更新
【書籍紹介】神田千里先生の『宣教師と「太平記」』が出版されました
2016年12月15日更新
史学科2・3・4年生対象「私の仕事」講座が開催されました。
2016年10月18日更新
【書籍紹介】白川部達夫先生の論考が収録された『明治維新と思想・社会』が出版されました
2016年9月29日更新
台湾研修を実施しました
2016年9月22日更新
【書籍紹介】神田千里先生の『戦国と宗教』が出版されました
2016年8月31日更新
【書籍紹介】森公章先生の『天智天皇』が出版されました
2016年8月1日更新
【書籍紹介】村田奈々子先生が共編者の『学問としてのオリンピック』が出版されました
2016年7月31日更新
キャリア講演会が開催されました
2016年7月27日更新
【書籍紹介】後藤はる美先生の論考が収録された『礫岩のようなヨーロッパ』が出版されました
2016年7月1日更新
台湾研修を実施します
2016年6月25日更新
白山史学会研究発表会・総会を開催しました
2016年6月15日更新
【書籍紹介】大豆生田稔先生の本が出版されました
2016年5月16日更新
【書籍紹介】森公章先生の『平安時代の国司の赴任』が出版されました
2016年4月17日更新
国立歴史民俗博物館での調査実習をおこないました
2015年11月30日更新
【書籍紹介】髙畠純夫先生の『ペロポネソス戦争』が出版されました

Department of Social Psychology

Educational Goals

The main goal is to obtain the ability to express one’s own ideas through historical research based on critical analysis of primary and secondary sources. Classes offered in our Department encourage students to learn from the past in order to develop skills to think critically so that they can cultivate new ideas for the future.

Outline

Studying history is becoming ever more important as the present world faces growing pressures from changing national and international conditions. Historical studies are based on various primary materials, written or created by those who lived in the past. Research into history is a creative academic discipline, as reconstructing societies, cultures and nations in the former periods invariably leads us to construct new historical perspectives.

The three majors in the Department of History are Japanese history, Oriental history, and Western history, all of which are studied in small groups. In addition to the seminars for reading and analysing primary sources, classes on various themes and topics are offered to expand students’ interests and knowledge. Our goal is to help students to learn from the past civilizations and to apply their knowledge for the future.

Characteristics

The empirical research, or the research based on historical evidence, is an essential part of the study in the Department of History. There is a full range of lectures and seminars designed to train skills for reading historical materials. Students majoring Oriental or Western history are required to read in foreign languages a wide range of secondary sources essential for their respective fields. The Japanese history students, on the other hand, are expected to read primary materials including handwritten  old writings in Japanese.

The Department is run by 12 staff members with varying research subjects, which ensures intensive learning based on small group seminars. There are also several student history groups including those for archaeology; medieval, early modern and modern Japanese history; Oriental history and Western history. Students are thus encouraged to actively engage in their studies and explore their research interests in a friendly atmosphere.

Japanese History

Students are able to learn Japanese history from various perspectives, ranging from the primitive and ancient times to the present.

Oriental History

The Oriental history covers a vast geographical area in East, West, and South Asia, and the Middle East, including China and the Islamic world.

Western History

Students are able to learn a wide range of topics in the history of the Western civilization, from the ancient Greek world to the contemporary global community.

教育目標

史料や原典から史実を実証・分析する知識と技術の学びを通して、自らの考えを明確に表明することのできる能力を養うとともに、過去の歴史的事実の中から人類の知恵を汲み取り、考察し、現代および未来に役立てる姿勢をもつ人材を育成します。

概要

激動する国際情勢や、日本の現状を理解するために、過去に遡ってその歴史を学ぶことが、現代において強く要請されています。歴史学は、文献史料などを素材として、過ぎ去った時代の社会や生活を検証し、新たな歴史像を組み立てるクリエイティブな学問です。

史学科では、日本史学・東洋史学・西洋史学の3専攻を設置し、少人数の演習と講義によって、各分野における歴史を幅広く学びます。また、歴史を原典などの実際の史料から正確に読み解くことで、歴史を実証するだけでなく、人類の知恵を理解し、現代や未来の社会へ役立てていくことを目標としています。

特色

史学科では"実証"に重きを置いているため、原典を読み解くための講座が充実しています。外国史では原書の講読、日本史では手書きの古文書にも対応できる指導を行います。専任教員は12名と、学生数に比べてとても充実した体制が整い、演習を中心に少人数での教育で歴史を深く学んでいくことが可能です。

地域・時代によって、「考古学」「日本中世史」「日本近世史」「日本近現代史」「東洋史」「西洋史」などの研究グループを作り、研究会や史跡見学・史料調査などを自主的に行っています。少人数でアットホームな雰囲気の中、積極的に研究分野へのアプローチを行うことができます。

日本史学

原始・古代から近現代まで、日本の歴史を総合的多角的に学びます。

西洋史学

古代ギリシアから現在の国際社会まで、主にヨーロッパの変遷を追い、西洋史の視点から考察力を養います。

東洋史学

中国からイスラム世界まで、多様なアジア世界を読み解きます。