MENU CLOSE

白山史学会研究発表会・総会を開催しました

  • English
  • 日本語

白山史学会研究発表会・総会開催

概要

2016年6月25日(土)に東洋大学白山キャンパス6号館6202教室にて白山史学会研究発表会・総会を開催しました。
研究発表会では伊藤陽平氏(国学院大学大学院博士後期課程)に「非政友合同運動の展開と日糖事件」、小林栄輝氏(東洋大学大学院博士後期課程)に「唐後半期における対江南藩鎮政策―とくに浙西を中心として―」という題目でご報告いただきました。39名の方々にご参加いただき、報告後は活発な議論が展開されました。
総会では選挙の結果、後藤はる美先生が新会長に選出されました。