1. トップページ >
  2. 学部・大学院 >
  3. 学部・学科 >
  4. ライフデザイン学部人間環境デザイン学科

ライフデザイン学部人間環境デザイン学科

教育目標

誰もが平等な社会生活を営むことができる、快適で質の高い生活空間を創り出すこと。
そして、「つくり手」と「つかい手」を繋げていくこと。
これらを実現する知識や技術、そして可能性を持った人材を育成します。

概要

少子高齢化、ライフスタイルの多様化が進む現代社会で求められているもの、それは、すべての人にやさしい「ユニバーサルデザイン」の創造です。これに応えるためには、建築、環境、製品、医療、交通などを個別に考えるのではなく、「豊かな暮らし」を目標にし、総合的に捉えることが必要です。平成18年4月に誕生した東洋大学の「人間環境デザイン学科」は、人間を中心に捉え、建築から住宅、地域プロダクトまでのデザインを総合的に学べる、日本唯一の学科です。

3年次からは「空間デザインコース」「生活環境デザインコース」「プロダクトデザインコース」の3コースに分かれ、より専門的な知識と技術を修得しながら、3つのデザイン分野を連携させた「人間環境デザイン」を生みだしていきます。

人間環境デザイン学科 専門コース

それぞれ「ユニバーサルデザイン」のコンセプトにもとづいて建築・生活機器・プロダクトのデザインを学びます。

空間デザインコース

空間デザインコースでは、人々が暮らしていくための空間のデザインを学びます。
対象は、建築意匠、建築計画、建築構法など、建物そのものの外観デザインや内部空間の計画、さらには都市計画、まちづくり、バリアフリーなど、人々を取り巻くすべての生活空間にまで広がります。豊かな暮らしの環境を空間デザインという切り口で捉えていきます。

生活環境デザインコース

生活環境デザインコースでは、特に生活者の視点に立った、生活の場のデザインを学びます。
住居学をはじめ、障害のある方のための道具のデザインや福祉住環境計画、建築のバリアフリーなど、さらには住民参加の手法も学び、使い手の真のニーズを考えた人間中心設計と、ユニバーサルデザインによる生活環境の充実を追求します。

プロダクトデザインコース

プロダクトデザインコースでは、製品のデザインを中心に、情報デザイン、インタラクションデザイン、メカトロニクスの分野まで幅広く捉え人々の豊かな暮らしを追求していきます。あらゆる人々が平等に豊かに暮らしていける環境を、プロダクトを通して実現していくために、「モノ」のデザインだけにとどまらず、「モノゴト」のデザインから人々の暮らしを考えていきます。

特色

授業の中心となる「実験工房棟」には、演習・実験・作品発表・講演会などさまざまイベントが行われるスペースのほか、木工・金工・塗装・計測などの各工房が並んでおり、専門的な作業を行うための専用機器がいつでも使用できます。また、2・3年生のために各自の机が用意されたスタジオもあり、いつでもスケッチ・図面・模型制作などの演習作業を行うことができます。学内でのサークル活動や学外のデザインコンペティションの参加など、学生の自主的な活動をバックアップ。企業、地域、行政などとの積極的なコラボレーションを行い、将来の就職や進学に備えたキャリアアッププログラムも進めています。

 人間環境デザイン学科 人間環境デザイン学科
 人間環境デザイン学科 人間環境デザイン学科
 人間環境デザイン学科 人間環境デザイン学科
 人間環境デザイン学科 人間環境デザイン学科 

※本学科の最新動向をご紹介するデザインレターも、ぜひご覧ください。