MENU CLOSE

Academic Staff-Masato Mori(毛利 正人)

  • English
  • 日本語
 
    mori

Masato Mori
(毛利  正人)

Professor (Department of Global Innovation Studies)

教授(グローバル・イノベーション学科)

 

-Research Field-
(研究分野)

■Corporate Governance And Corporate Group Management on a Global Scale (グローバルに事業展開する会社のコーポレートガバナンスおよびグループ経営)
■Risk Monitoring Through Internal Audit and Audit Committee, etc. (内部監査と監査委員会によるリスクモニタリング 等)

- Subjects -
(科目名・概要)

■Introduction to Financial Accounting  (財務会計の基礎)
■International Comparative Studies of Corporate Organizations (会社組織の国際比較)
■Study Skills 1&2 (スタディ・スキル 1 & 2)
■Global Strategic Management And M&A (グローバル企業経営戦略と提携合併)
■Business Ethics (ビジネス倫理)
■Assessment Systems Used in Corporate Governance (企業ガバナンスとその評価システム)

- Message to Students -
(受験生・学生へのメッセージ)

My motto is "Where there is a will, there is a way." I believe that the clearer the image of final career goal and success is, the better chance there is of achieving them. Let’s study and realize your dream. More importantly, have fun at GINOS!!

私のモットーは「意思のあるところ、道は開ける」です。最終的なキャリアの目標や成功のイメージが具体的であればあるほど、それが現実となる可能性が高くなると信じています。一緒に勉強し、ぜひ皆さんの夢を現実のものとしてください。そしてなによりも、グローバル・イノベーション学科での学生生活を楽しんでください。

- Brief History -
(略歴)

Prior to becoming a faculty member of GINOS at Toyo University, I worked for many years at several public accounting firms (Pricewaterhouse Coopers, Deloitte Touche Tomatsu, and Crowe Horwath) and engaged in cross-border projects such as Post Merger Integration (PMI), Internal Audit, etc. in Europe, Americas, and Middle East of Asia. Regrading educational background, I obtained BA in Economics from School of Political Science and Economics at Waseda University. In my earlier career, I also worked for five years as an international public servant at an international organization headquartered in Washington, DC. There I obtained Master of Accountancy degree from the George Washington University and Certified Public Accountant certificate. They have become the basis of my professional career.  I am therefore a strong believer in the power of career development and continuing education. By combining these powers, I also believe that one can come to achieve an integration of practice and theory in business.  

私はグローバル・イノベーション学科の教員となる前は、いくつかの国際的な監査法人(プライスウォーターハウスクーパース、デロイト・トゥーシュ・トーマツ、クロウホーワス)などに永年勤務し、国際的な合併の後の統合(PMI)や内部監査などのプロジェクトを欧州、アメリカ、中東等の国々で実施しました。教育に関しては、早稲田大学政治経済学部より経済学士号を取得し、職を得た後も勉強を継続しました。キャリアの初期においては、ワシントンに本部のある国際機関に5年間国際公務員として勤務しながら勉強し、ジョージワシントン大学で会計学の修士号とワシントンDCでの公認会計士の資格を取得しました。これらは、私のその後のプロフェッショナルとしてのキャリアの土台となりました。したがって、私はキャリア開発と継続教育の力、そしてこの2つの力を結合することにより、ビジネスにおける実務と理論の融合を達成できるようになると強く信奉しています。