1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 食環境科学部食環境科学科
  5. 学生が企業と共同開発した減塩効果のある「花まつも麺」を学食で提供
MENU CLOSE

学生が企業と共同開発した減塩効果のある「花まつも麺」を学食で提供

  • English
  • 日本語

10月5日(月)から、板倉キャンパス(群馬県板倉町)の学生食堂で、食環境科学部の学生と平塚市の製麺会社である株式会社麻生が共同開発した減塩効果のある「花まつも麺」の提供を開始しました。販売価格は500円、一日限定50食で提供しています。10月末までは毎日販売し、以後断続的に2016年2月5日まで販売します。
学食で提供される花まつも麺

「花まつも麺」は、食環境科学部食環境科学科の太田昌子准教授のゼミの学生と平塚市の製麺企業で共同開発をした低利用素材であるアカモク(海藻)とワカメの茎を添加した麺で、素材として利用しているアカモクやワカメの茎は、ナトリウム排出作用があることが知られている成分を含んでおり、減塩効果が期待されています。これまで、味の面から減塩が難しかった麺料理に、美味しさを損なうことなく利用できる麺として、今年8月に株式会社麻生が業務用の販売を開始しました。

この麺を使用したメニューを、共同開発に携わった食環境科学部の学生が学ぶ板倉キャンパスの学生食堂「カパティーナ」で提供しています。
花まつも麺チラシ

板倉キャンパス学生食堂

■関連記事 
 食環境科学科学生が産官学連携で減塩効果が期待される海藻添加麺を開発、研究報告会で発表

食環境科学部詳細

太田昌子准教授 教員紹介ページ