1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 食環境科学部食環境科学科

Faculty of Food and Nutritional Sciences, Department of Food and Life Sciences//食環境科学部食環境科学科

  • English
  • 日本語

教育目標

食品の機能科学や栄養、健康科学などを通して食の観点から生命をとらえ、バイオテクノロジーを基礎に、まだ利用されていない食資源の有効活用や、最新の分析技術を修得します。 また、食育を通じて、私たちの食文化を維持・向上させ、健やかないのちを育むプロフェッショナルを育成します。

概要

「食」の安全を守るのは、誰か。食の安全について、新聞、テレビ、雑誌ではさまざまな意見が交わされ、大きな関心を集めています。
しかし、安心して暮らせる社会のために、「食」を中心に据えた視点から生命や環境を専門的に論じ、行動できる人はあまり多くはありません。 食環境科学科は、そのような時代のニーズに応えて誕生しました。21 世紀にふさわしい「食」を核にした生命科学を創生し、正しい知識と分析力を身につけた「食の専門家」を養成することを目的としています。

食環境科学科

フードサイエンス専攻

生命科学の視点から「食」を学び、最先端のバイオテクノロジーをベースに、食育から食の安全・安心ま での総合的な知識と技術を身につけます。食育・食文化、食品の機能科学、栄養・健康科学など、食にかかわることに興味を持つ人、食を取り巻くさまざまな問 題を解決したいと考えている人にふさわしいコースです。

フードサイエンス専攻 特色

スポーツ・食品機能専攻

スポーツに関連した食品の栄養学的機能に興味を持つ人、実践的栄養管理を用いて、スポーツ選手を栄養 面からサポートすることを目指す人に最適のコースです。生命科学の知識を基礎として、栄養学、食品学、衛生学、そして人体の構造と機能、運動と食品が持つ 機能(栄養)の関係を学び、アスリートの食事・栄養の摂り方の指導者を目指します。

スポーツ・食品機能専攻 特色