1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部東洋思想文化学科

Department of Eastern Philosophy and Culture, Faculty of Letters//文学部東洋思想文化学科

  • English
  • 日本語

 

 

 

 

※The Department of Eastern Philosophy and Culture was established on April 1, 2013 by integrating and reorganizing the Department of Indian Philosophy and the Department of Chinese Philosophy and Literature.

Educational Goals

  • To learn foreign languages (both modern and classical), read original sources, and gain extensive overseas experience.
  • To acquire an understanding of the diverse history and culture of various parts of Asia.
  • To acquire international perspectives based on a well-developed understanding of culture and history.

Overview

Asian philosophy, religion, art, and culture have a long history and are characterized by regional diversity. To enable students to study these features of Asian countries in depth, the Department of Eastern Philosophy and Culture has established four courses: (a) Indological Studies, (b) Chinese Language, Philosophy, and Literature, (c) Buddhist Studies, and (d) Eastern Art and Culture. The Department provides opportunities for students to learn both classical (Sanskrit, Classical Chinese, Pali, and Tibetan) and modern languages (English, Hindi, Modern Chinese, and Korean) according to the requirements of each course.

Characteristics

  • Students build a solid foreign language foundation beginning in their first year through the study of English and Chinese (both compulsory) and introductory courses in the specialized languages of their field of study. They attempt the TOEIC test of English language skills, and for Chinese, they have the opportunity to upgrade their language skills through the HSK (Hanyu Shuiping Kaoshi).
  • In the spring semester immediately after university enrollment, a mandatory study skills course is offered with small class sizes, following the theme of “Read, Write, and Present.”
  • In their second and third years, students deepen their knowledge of the specific area in which they aspire to study by attending specialized courses, including lectures and seminars.
  • In their fourth and final year, students write a graduation thesis as the culmination of their studies.
  • Besides classroom learning, experiential learning through training and practice in various aspects of foreign culture such as Zazen, Indian dance, and yoga is also emphasized.
  • As part of this training regarding foreign culture, opportunities for hands-on experience are provided, encompassing the religions, art, and languages of the various regions of Asia (including India, China, Thailand, and Indonesia, among others).
  • In the Evening School (Evening Course), opportunities are provided for flexible study of subject areas similar to those provided during daytime courses.
  • For the same subjects within the Department that are offered in both daytime and evening courses, there exists a registration system characterized by mutual auditing (daytime course → Evening School, Evening School → daytime course).

 

※インド哲学科と中国哲学文学科を統合再編する事により
「東洋思想文化学科」が平成25年4月1日より開設されました。

教育目標

東洋の思想や文化を幅広く学習するとともに、4つのコースに分かれて専門的に学ぶことで、世界を見渡す広い視野と、自分自身を深く見つめる眼力を養います。また、異文化理解に不可欠な語学学習にも力を入れ、語学力を生かして国際社会で活躍できる、豊かな教養と国際性をそなえた人材を育てます。

概要

日本、中国、韓国、インド、チベットをはじめとするアジア諸国・地域の思想・文化を網羅的に学べるカリキュラムを組むとともに、2年次からは「インド思想」「仏教思想」「中国語・中国哲学文学」「東洋芸術文化」のいずれかのコースを専攻します。東洋文化圏に対して広い視野を育むとともに、専門性の高い教育を実施します。

異文化を理解するうえで欠かせない語学教育にも力を入れ、世界の共通言語である英語に加え、中国語、サンスクリット語、パーリ語、チベット語、ヒンディー語など、各自が研究対象とする地域の多彩な言語を習得できる環境を整備し、さらに「実技」や「海外文化研修」等、豊富な体験系科目を設置します。

特色

東洋思想文化学科の学生は、各人の関心に従い2年次からいずれかのコースを選択します。各コースでは専門的な学習を進めるとともに、他コースの科目も履修して幅広い見識を養うことにもつとめます。

  1. インド思想コース(定員23名)では、長い歴史を持つインド(より広くは「南アジア」)の思想、歴史、文化などを体系的に学べるように多彩な科目群を提供します。それらをより本質的に理解するために、サンスクリット語やヒンディー語といった語学も学びます。
  2. 中国語・中国哲学文学コース(定員35名)では、中国の哲学・文学・語学を三位一体のものとして扱い、文献やその他の資料に基づく中国文化についての総合的な見識を養います。とりわけ中国語に関しては、中級程度の検定試験への対策も重視しています。
  3. 仏教思想コース(定員22名)は、アジアの広範な地域に伝播定着した仏教とその文化を学ぶ横断的なコースです。仏教成立の背景から、アジア各地の仏教、そして現代日本の仏教にいたるまでを総合的に学びます。また、アジア各地の古典語(古典漢語、サンスクリット、パーリ、チベットなど)を体系的に学習します。
  4. 東洋芸術文化コース(定員20名)は、インドや中国を中心にアジアに広がる美術などの芸術や多様な文化を幅広く学ぶコースです。基礎的教養としてはインド、中国などの歴史や思想・文学を学びつつ、東洋の芸術や文化をより柔軟な視点から理解するための科目を設けています。

これらの4つのコースに共通した特色は以下の通りです。

  • 1年次に東洋の思想文化の枠組みを理解する科目と、スタディースキル(読み、書き、発信する能力)を身につけさせる導入科目を置いています。
  • 基礎教育課程での語学学習(中国語、英語)を重視しています。
  • 最終学年では学生生活の総決算として卒業論文を必修科目として履修します。
  • 第1部とイブニングコースに設置してある学科内の同一科目については、一定の科目数の範囲内で相互に聴講できるフレキシブルな履修制度を設けています。