1. トップページ >
  2. 学部・大学院 >
  3. 学部・学科 >
  4. 理工学部電気電子情報工学科

理工学部電気電子情報工学科

教育目標

教育目標「電気工学」および「電子情報工学」を基盤として、社会を支える電気エネルギー、光・ナノデバイス、情報通信、カーエレクトロニクスなどにおける技術の基礎が理解でき、さらに新しい技術を生み出す創造力を備えた技術者を養成します。

概要

現代社会では、コンピューターやゲーム機器、車や飛行機、人工衛星にいたるまで、あらゆる機器製品に電気電子情報技術が駆使されています。また、ソーラーエネルギーや風力発電、電気自動車といった新エネルギー系の電気技術は、ライフラインとしてまた地球温暖化対策などにおいて強い社会的要請があります。

電気電子情報工学科では、「電気工学」および「電子情報工学」を基盤としていますので、電気・電子・情報通信工学の三分野(エネルギー・制御、情報通信、エレクトロニクス)における系統的学習ができます。また、エネルギー問題や環境問題などについての広い視野を獲得し、現代の技術者に必要な倫理観をもって、新しい技術を生み出すために必要な最先端の専門知識を習得できます。

特色

電気電子情報工学は「電気」を中心としたさまざまな分野を含んでいるため、1年次より専門科目の導入となる「電気電子情報工学概論」を開講し、社会での実用・応用例を具体的に示すことでキャリア形成支援を行うとともに、早くから専門になじめるように配慮しています。また、「電気回路」、「電磁気学」、「コンピュータプログラミング」などの基幹科目と、これを理解するために欠かせない「応用解析学」については、2クラス編成で講義を行い、きめ細かく指導します。

情報教育に関しては、キャンパス内の「メディアセンター」で、ソフトウェアを自由に活用し、様々なプログラムを作成することができます。また、学内に「ソーラー発電システム」を設置し、エネルギーの効率的利用とその変換・制御に関しての実践的な研究を行っています。

なお、電気電子情報工学科所属の学生は「学科横断型教育プログラム(副専攻)」として「バイオ・ナノサイエンス融合コース」または「ロボティクスコース」を選択することができます。