1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部教育学科
  5. 教育学科教員紹介(長谷川 勝久)
MENU CLOSE

教育学科教員紹介(長谷川 勝久)

  • English
  • 日本語

長谷川 勝久(はせがわ かつひさ)
教授

専攻・専門分野

教育工学・数学教育学

主な著書・論文・研究テーマ

著書

『マルチメディア時代・教師のための情報教育(3)「教師の情報活用能力の向上とマルチメディア」』(共著),明治図書,
同シリーズ(4)『構造学習の実践とマルチメディア学習環境』(共著),明治図書,
同シリーズ(5)『教育評価情報の活用とコンピュータ』(共著),明治図書,
同シリーズ(7)『中学数学科の教材開発-コンセプトマップ・授業設計・達成度評価問題-』(共著),
同シリーズ(9)『(続)中学数学科の教材開発-構造的テキストデザイン法による教材開発とその活用-』(共著),明治図書,

月刊「教育科学数学教育」

連載:「数学科の教材開発と達成度問題例(1999年4月~2000年3月)」,明治図書,
同連載:「数学科における構造学習法と授業実践例(2000年4月~2001年3月)」,明治図書,
同連載:「数学的活動の具体例とその評価(2001年4月~2002年3月),明治図書,『考えることの楽しさ、面白さがわかる数学教育-「生きる力」をはぐくむ教育と数学教育』(共著),ニチブン,
『生徒に興味・関心をもたせる中学校数学新教材』(共著),明治図書他。

受験生へのメッセージ

「大学は学生のためにある、大学に行けなかった人のためにある」とは師匠の言葉。学生第一で教育・研究に励んでいきたいと思っています。
常に「何のため」を忘れないように勉学に励んでください。共に学べる日を楽しみに待っています。

在学生へのメッセージ

「今を勝て!ここで勝て!」。今いる場所で,なくてはならない存在になってください。有名校とか無名校、1部とか2部とかは関係ありません。自分はこれをやったという何かを持つことです。その積み重ねが大きな実力なり華を咲かせることにつながります。自分しかできないことがあります。人をうらやむのではなく、要領でもなく、愚直に目の前にあることを乗り越えていくしか未来はありません。今日より明日を目指して、共々に学んでいきましょう。

お勧めの本

アラン/著:『幸福論』,岩波文庫
J.J.ルソー/著:『告白 (上)(中)(下)』,岩波文庫

その他、是非、岩波文庫の哲学書を読んでみてください。演劇の好きな方には、次の本がお勧めです。

C.スタニフラフスキー/著:『俳優修行』,未来社