1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 文学部教育学科
  5. ゼミの合宿風景 野外体験活動でキャニオニング
MENU CLOSE

ゼミの合宿風景 野外体験活動でキャニオニング

  • English
  • 日本語

教育学科の教育法方学ゼミナール(下田好行教授担当)では、野外教育の実習を行うゼミ合宿を行った。合宿は9月15~16日で、那須高原で行われた。

当日は那珂川の源流で、キャニオニングという沢歩きを行った。ウエットスーツを着て、高い岩場から川の中へ飛び込んだり、自然にできた滑らかな岩場でウォータースライダーを楽しんだりした。また、子どもの工作体験の実習も行った。これは水鉄砲を竹で作り、2チームに分かれて対戦するという遊びであった。

合宿に参加した石井楠留さん(初等教育専攻2年生、2015年度入学)は、「久しぶりに子どもに戻ってはしゃぎ、楽しい体験でした。子どもの心を思い出したような気がします。これらの体験は教師を目指す私たちにとって、とても有意義だと思います。川遊びやおもちゃの製作、水鉄砲の対戦は、将来、子どもたちと一緒に遊んだり、教育活動の中でも使えたりするからです。」と語ってくれました。

 集合写真集合写真