1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. Faculty of Economics, Department of Economics//経済学部経済学科のニュース一覧
MENU CLOSE

Department of Economics, Faculty of Economics//経済学部経済学科

News

2017年11月17日更新
2017経済学科ゼミナールIB キャリア講演会
2017年11月17日更新
2017経済学科ゼミナールIB ゼミ説明会
2017年10月23日更新
実施報告:2017年度海外研修(アメリカ)
2017年10月9日更新
実施報告:2017年度海外研修(中国):2017年8月11日~8月22日
2017年8月22日更新
経済学科安田ゼミが『図解要説 中小企業白書を読む』を刊行
2017年7月3日更新
経済学部TOEIC優秀者表彰式を行いました
2017年6月9日更新
2017経済学科ゼミナールⅠA講演会
2017年5月5日更新
2017経済学科ゼミナールIA フレッシュマン・アッセンブリー
2017年4月14日更新
2017年度 経済学部新入生 父母ガイダンス(報告)
2017年4月10日更新
平成28年度 東洋大学経済学部成績優秀者表彰式を挙行
2017年3月28日更新
2016年度 経済学部欧州海外研修の報告:2017年3月1日~3月12日
2017年3月20日更新
2017年度 経済学部新入生 父母ガイダンスについて
2017年2月21日更新
タクナルプログラム体験ワークショップ
2017年1月12日更新
2016経済学科ゼミナールIB ディベート大会
2016年12月21日更新
2016経済学科ゼミナールIB キャリア講演会(2)
2016年12月6日更新
2016経済学科ゼミナールIB キャリア講演会
2016年11月29日更新
2016経済学科ゼミナールIB ゼミ説明会
2016年11月14日更新
経済学科安田武彦ゼミ「日銀グランプリ」で奨励賞を受賞
2016年9月26日更新
経済学部主催「学生との意見交換会」を開催しました
2016年8月26日更新
実施報告:2016年度海外研修(中国):2016年8月11日~8月22日
2016年7月22日更新
経済学科安田ゼミが『図解要説 中小企業白書を読む』を刊行
2016年6月8日更新
2016経済学科ゼミナールⅠA講演会
2016年5月5日更新
2016経済学科ゼミナールIA フレッシュマン・アッセンブリー
2016年1月9日更新
経済学科ゼミナールIB キャリア講演会(2)
2015年12月17日更新
2015経済学科ゼミナールIB ディベート大会
2015年11月12日更新
2015経済学科ゼミナールIB キャリア講演会
2015年11月5日更新
2015経済学科ゼミナールIB ゼミ説明会
2015年9月24日更新
実施報告:2015年度海外研修(アメリカ)
2015年8月20日更新
【海外で活躍する卒業生】
経済学部OB湯本 裕紀さんのインタビューがYOMIURI ONLINEに掲載
2015年8月10日更新
経済学科安田ゼミが『図解要説 中小企業白書を読む』を刊行
2015年7月22日更新
2015経済学科ゼミナールIA レポート報告会
2015年7月22日更新
白山経済学会 学会役員の会合を行いました
2015年7月7日更新
【東洋大学報WEB】経済学科 角南俊介准教授を紹介「スポーツの動作を分析する、新しい学問 世界で戦う日本選手を育てるために」
2015年6月17日更新
経済学科ゼミナールⅠA講演会
2015年5月9日更新
【全学部対象】2015年度 経済学部英語特別講義の開催(ネパール大使登壇)
2015年4月29日更新
2015経済学科ゼミナールIA フレッシュマン・アッセンブリー
2015年4月13日更新
平成27年度 東洋大学経済学部成績優秀者表彰式を挙行
2015年4月13日更新
2014年度 経済学部欧州海外研修の報告
2015年4月7日更新
実施報告:2014年度海外研修(中国):2015年3月8日~3月19日
2015年3月10日更新
【学報WEB】経済学部安田ゼミ「中小企業懸賞論文」で本賞を受賞
2015年3月6日更新
経済学部新入生 父母ガイダンスについて
2015年1月8日更新
経済学科ゼミナールIB キャリア講演会(2)
2014年12月19日更新
経済学科ゼミナールIB ディベート大会
2014年11月21日更新
経済学科ゼミナールIB キャリア講演会
2014年11月10日更新
経済学科ゼミナールIB ゼミ説明会

Department of Social Psychology

Educational Goals

The department strives to instill in every student a comprehensive understanding of and skills for solving diverse problems faced by modern economies through the use of economic theories and methods of empirical analysis, which are founded upon objective knowledge related to economic policies and systems.

Policies of the Department of Economics

Overview

The curriculum of the Department of Economics focuses on theoretical and empirical approaches to allow students to master standard subjects in economics. Seminar classes from the first to the fourth year involve active learning about topics selected by the students. The classes strive to foster problem-solving skills and the ability to propose policies founded upon comprehensive analysis. In the first year, students solidify their grasp of fundamentals and proceed to systematically deepen their specialized knowledge through group-based and individual research in the second and third years. Then, in the fourth year, students assemble their results in the form of a graduation thesis. Furthermore, electives that are common classes in the Faculty of Economics are also available. These are intended to encourage an understanding of history and culture through general education courses and foster comprehensive awareness and perspectives on diverse issues.

Program Features

Required seminar classes are part of the program from the beginning. The first-year seminars cover study skills needed as a college student, in addition to how to write reports and engage in debates. Students from each seminar compete against one another in report and debate competitions. Furthermore, lecture classes in the first and second years deal with the fundamental subjects of economics while taking an issues-based approach to enable students to master the foundational theories of economics. Based on the fundamental knowledge provided in the lecture classes, third- and fourth-year specialized classes enable students to master more advanced topics. Additionally, specialized learning advances according to the individual interests of each student and based on the instruction that professors offer in their specialized fields during the seminars. The ultimate goal of the seminars is to lead students toward assembling the results of their specialized studies in the form of a graduation thesis.

 

教育目標

経済理論や実証的な分析方法の学びを通じて、個々の学生が、現代経済が抱えるさまざまな問題を、経済政策や制度に関わる客観的知識に基づき、総合的に理解し解決する力を養うことを目指します。

経済学科のポリシー

概要

経済学科のカリキュラムは、理論や実証に重点をおき、経済学のスタンダードを着実に修得できる構成になっています。1年次から4年次までのゼミナールでは、能動的な学びを実施しており、学生が主体的にテーマを設定し、総合的な分析をしたうえで問題の解決と政策提言を行う能力を身につけることを目指しています。1年次で大学生としての基礎固めを行い、2年次以降は専門知識を体系的に深める集団や個人での研究を進め、4年次に卒業論文の形で成果をまとめます。また、学部共通の選択科目を設置したり、一般教養科目により歴史・文化への理解も促すなど、多種多様な問題意識と総合的な視野を育むこともしています。

特色

1年次から必修の1年次には必修のゼミナールを配置し、大学生としての勉強方法、レポートの作成、ディベートなどを学び、レポート大会やディベート大会で成果をゼミごとに競います。また、経済学基礎科目に対応した1,2年次の「演習」では、問題演習により、経済学基礎理論の確実な習得を目指します。講義と「演習」で培われた経済学基礎理論に基き、3,4年次の専門科目では、より進んだ知識を習得していきます。また、ゼミナールでは、各担当教員の専門分野にそった形での指導に基づき、個々の学生の興味に沿った形で専門的な学習を進めます。これら専門的学習の成果を卒業論文にまとめ上げることが、ゼミナールの最終的な目標となっています。