MENU CLOSE

経済学科ゼミナールIB キャリア講演会(2)

  • English
  • 日本語

ゼミナールⅠBでキャリア講演会(2)を実施

説明会1
 1月7日に、経済産業省産業人材政策室長の小林浩史さんと、フリーアナウンサーで東洋大学のOGでもある木村さおりさんを講師にお迎えして、将来の就職活動やキャリア形成に向けての講演をいただきました。
 小林さんからは、現在の日本の産業界や若者を取り巻く環境の厳しさや、経済産業省が取り組んでいる「社会人基礎力」について、ご説明いただきました。企業が求める「粘り強さ」「チームワーク力」「主体性」「コミュニケーション力」などの学生の修得度について、企業と学生で認識に大きなギャップがあることや、これらの社会人基礎力を身につけるためには、大学の授業やゼミ、アルバイトなどの日頃の活動の中で、常に成長の目標を"言葉"にして意識して取り組み、振り返るというサイクルを繰り返すことが重要といったお話がありました。
 木村さんからは、アナウンサーの仕事について、苦労や魅力を含めてご紹介いただいた後、アナウンサーになるまでの就職活動や、アナウンサー・社会人にとって必要なことをお話しいただきました。また、就活を控える学生に向けて、自分が興味を持っていることを知るために、「自分ノート」をつくって何でも気になったことを書き込もう、「人に喜んでもらえる仕事」「自分の能力を最大限に生かせる仕事」「自分が成長できる、チャレンジできる仕事」を考えよう、といったメッセージをいただきました。
 学生からは、「必要な能力に関する学生と企業の認識のズレにびっくりしました」「大学の授業、ゼミ活動、インターン、アルバイトなど自分が今できる社会人になるための準備が重要であり、この準備を目標を持ってこなすことが大事ということがわかった」「ノートをつけて自分を見つめる時間を作りたいと思います」「誰かの役に立つ仕事に就くことによって、自分にも幸せがくるんだなあと改めて知ることができました」などの感想が寄せられました。
説明会2