Faculty of Letters, Department of English and American Literature//文学部英米文学科

  • English
  • 日本語

教育目標

英語圏の文化を学びながら、英語の4技能―聞く・話す・読む・書く―を高めることを基礎として、さまざまな文学的・語学的読解力、思考力、表現力を養います。

概要

文学作品は、日常生活の描写から激しい感情表現に至るまで、人間のすること、感じること、考えることのすべてを含んでいます。そして、「文学」と「語学」は切っても切り離せない関係にあり、原書を読む場合にはそれ相応の語学力が必要です。英米文学科では、まず英語の基礎力を徹底的に身につけます。英語力自体は、学問や教養と直接結びつくものではありませんが、情緒と知性の両面を鍛えてくれる、学ぶために必要な「道具」だからです。

そして英米の小説、詩、評論などを味読しながら考える文学系のクラスと、英語の音声、文法、歴史などを扱う語学系のクラスに分かれ、「英文学」「米文学」「英語学」の3分野を学習します。英語圏の文化を学ぶこと、そして英語に打ち込むことは、自己の鍛錬にも、そして社会に出てからも、さまざまな形で自分の可能性を広げてくれることでしょう。

特色

1・2年次では、少人数制の講義により「読む」「書く」「聴く」「話す」の能力を養い、英語力を身につけます。その他にも、英語力を鍛える講義を用意し、自分のレベルに合わせて向上させていくことが可能です。3・4年次には、習得した英語力を通して、文学作品の研究あるいは英語の分析を行うなど卒業論文に取り組みます。このカリキュラムを十分に活用することにより、4年次までに高度なレベルの英語力を身につけることができます。