MENU CLOSE

地域防災マネジメント研究室

  • English
  • 日本語
 

地域防災マネジメント研究室

総合テーマ:自然災害への社会的対応策に関する研究

土木構造物等により自然災害を制御しようとする防災対策のことをハード対策と呼びます。しかし、自然の振る舞いは時としてハード対策の防御目標を越えてやってきて、思いもしない被害を地域にもたらします。しかし、津波・豪雨・台風・土砂災害などのように災害の発生までに若干でも猶予があり、その間に災害の発生を示唆する幾つものシグナルが存在する類の災害においては、住民の避難行動や対応行動などのような地域のソフト対策の有りようが被害の程度の大部分を規定すると言えます。
このような認識のもと、本研究室では、災害時の住民避難のありかたや、それを喚起するための発災時のみならず平常時からの災害情報、防災教育のあり方などについて考察していきます。したがいまして、研究対象は人・地域・社会です。

地域防災 

テーマ例:住民の避難行動の意思決定構造に関する研究

災害時の住民避難の迅速化には、災害情報伝達のみならず、それを受けた住民の的確かつ自発的な避難行動等の意思決定が肝要となります。このため、その実態解明と円滑な促進方策の提言のためには、災害に対峙した住民の心理特性の解明、周辺環境特性との関連性の把握、要介護高齢者の避難問題、世帯内役割分担に応じた避難行動特性など、その調査研究の範囲は多岐に及ぶこととなります。調査研究の具体的な方法論としては、人や社会を対象としているが故に、多くの場合はアンケート調査やヒアリング調査、社会統計データ、GISデータなどに基づく解析が主となります。これらの結果に基づき、政策提言はもとより、一般化が可能な場合は行動モデルとして体系化したり、それをシミュレーションモデル内の住民個々の意思決定ロジックへと反映させるなどによって、多様な施策効果分析などへ展開されます。
地域防災 

テーマ例:効果的なハザードマップの在り方に関する研究

ハザードマップなどの平時における災害情報の提供は、住民への災害教育やリスク・コミュニケーションのツールとしての活用が期待されており、そのためのより効果的なハザードマップのあり方を探求・提案しています。具体的には、ハザードマップの公表効果と問題点の把握・解明などを行い、その知見に基づいて、より的確な公表効果が期待される新たなハザードマップの開発・提唱に携わっており、すでに幾つかの自治体で実現化されるに至っています。また、ユニバーサルデザイン化に向けたデザイン検討にも着手しているほか、今後においては、作成プロセスにおける実務上の課題を緩和させる技術論の確立などが要請されている状況にあります。
地域防災


及川 康 准教授及川 康  准教授

専門分野: 災害社会工学、土木計画学、ハザードマップ、等
担当科目: 都市デザインの数理、環境都市計画、交通計画、都市再生学、他

1973年北海道函館市生まれ。
趣味は、絵を描くこと。

地域防災マネジメント研究室 [PDFファイル/5.65MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)