1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部都市環境デザイン学科
  5. 平成28年度 都市環境デザイン学科の4年生および都市環境デザイン専攻の大学院生が学会発表
MENU CLOSE

平成28年度 都市環境デザイン学科の4年生および都市環境デザイン専攻の大学院生が学会発表

  • English
  • 日本語
平成29年3月7日(火)~8日(水)に開催された「平成28年度 第44回土木学会関東支部技術研究発表会」で、都市環境デザイン学科の4年生10名と都市環境デザイン専攻の大学院生4名が発表を行いました。また、4年生2名が優秀発表賞を受賞しました。
以下は、発表者とその研究題目です。


Ⅱ-73 齋藤 圭汰(青木研4年):階段式魚道内での礫堆積がウグイの遡上に及ぼす影響について
Ⅱ-74 吉田 翔平(青木研4年):横断勾配のある粗石魚道におけるウグイの遡上行動について
Ⅱ-81 梶田 大志(青木研4年):開水路中での単一円柱および円柱群を構成する個々の円柱に対する抗力係数
Ⅱ-82 坂間 睦美(青木研M1):透過水制および不透過水制周辺の流れの検討
Ⅳ-14 加藤  望(神山研4年):砂利鉄道の敷設された要因の特性に関する研究-入間川,多摩川,相模川を対象として-
Ⅳ-47 齋藤 弘一(神山研4年):川越大正浪漫夢通りを対象とした大正時代を演出する 建築物群の研究
Ⅴ-19 飯森 慎也(福手研4年):けい酸塩系改質材を打継目に塗布したコンクリートの耐久性に関する検討
Ⅴ-27 高橋 拓朗(福手研4年):けい酸塩系改質材の塗布がコンクリート打継目の物理 的特性に及ぼす影響
Ⅴ-46 石橋 瑞希(福手研4年):海水が多量に供給されるひび割れ部におけるステンレ ス鉄筋の耐食性(優秀発表賞を受賞)
Ⅶ-7 色川 拓斗(村野研M1):寄与率による家庭系ごみ排出量に影響する要因の考察
Ⅶ-12 大塚 章吾(村野研M1):環境モデル都市における温室効果ガス削減目標量の比較
Ⅶ-21 櫻井龍太郎(青木研M1):東洋大学川越キャンパス周辺における地下水実態把握の試み
Ⅶ-37 柿島 隼徒(山崎研4年):浄化槽における温室効果ガス排出特性の検討(優秀発表賞を受賞)
Ⅶ-38 大山 由香(山崎研4年):浄化槽の処理工程における衛生指標生物の挙動解析

発表会の一コマ
発表会の様子

なお、都市環境デザイン学科では、学会発表を行った学生を表彰しています(学科の学位記・卒業証書授与式において表彰状ならびに副賞を授与します)。