MENU CLOSE

景観計画・デザイン研究室

  • English
  • 日本語

景観計画・デザイン研究室

総合テーマ:景観という視点から地域や都市の形成に関する研究

景観とは、環境の調和により構成され、人間の感性により知覚されます。良好な景観は人々の心に根付き、地域、都市、国家の貴重な財産となります。一方で、歴史の移り変わりとともに、貴重な財産であるはずの景観が失われていることがあります。景観工学の分野では、良好な景観の創出と保全について研究し、魅力的な景観を将来に残すための環境づくりを行ないます。

kamiyama1

テーマ例:景観の保存・修景・持続に関する研究

優れた景観から、歴史的価値、文化的価値、景観の捉え方を理解し、景観の保存、修景、持続を考え、将来に向けて計画し、提案する研究を行ないます。

kamiyama2

テーマ例:景観シミュレーション分析に関する研究

過去の歴史的資料あるいは現在のデータから景観を調査し、シミュレーション分析により、景観の復元や持続可能な環境を提案します。シミュレーション分析には、GIS(地理情報システム)、CAD等を使用し、2次元および3次元モデルを構築します。

kamiyama3 kamiyama4

テーマ例:景観デザイン計画に関する研究

空間や土地を気象、地形、地質、土壌、水、生物などの項目において調査・分析し、企画立案、土地利用計画、デザインを実践します。

kamiyama5kamiyama5-2


kamiyama6神山 藍 講師

専門分野: 景観工学、ランドスケープデザイン、等
担当科目: デザイン論、地域文化史、都市再生学、他

景観計画・デザイン研究室 [PDFファイル/683KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)