MENU CLOSE

水環境システム研究室

  • English
  • 日本語

水環境システム研究室

総合テーマ:水環境における環境負荷を最小化するシステムの構築

これまで、日本における下水道や浄化槽を初めとした汚水処理設備は、河川、湖沼、海などの水環境をきれいに、健全に保つことを目的に、整備が進められてきました。しかし、現在、これらの汚水処理設備は、汚水を処理し、水環境の健全化を図るだけでなく、汚水処理に伴って排出される汚泥のリサイクルや、温室効果ガス排出量の削減、省エネや創エネといった要求事項の多様化が進んできています。また、高度経済成長時代に急速に普及したこれらの汚水処理設備の老朽化が進行している現状を踏まえると、今後、単にこれら汚水処理設備の修復・更新のみならず、いかに再構築していくかが重要となります。これらの課題に対しては、汚水処理設備だけでなく、水環境システム全体として総合的な視点で捉え、解決を図ることが重要であると考えています。
 本研究室では、これら水環境システムに関わる研究や基盤整備を通じて、低炭素社会・循環型社会・自然共生社会を構築していくことを目指しています。これらの研究により、水環境システムの修復・更新・再構築や東日本大震災からの復旧・復興、およびASEAN等途上国の発展にも貢献していきたいと考えています。

yamazaki01

テーマ例:流入水の多様化が排水処理施設に及ぼす影響解析

現在、普及し始めている節水機器やディスポーザの導入が進むことにより、排水処理施設への流入量が減少することや、一般家庭や工場からの汚濁物質濃度が濃くなることが予想されます。この様な流入水の多様化による排水処理施設の処理機能や水環境に及ぼす影響を実験的に解析するとともに、その改善策について検討を行う必要があります。併せて、これらの機器の導入による社会全体の水・廃棄物・温室効果ガスの変化を総合的に評価し、水環境だけでなく、廃棄物や温室効果ガス排出量も含めて、環境負荷を最小化する研究に取り組んでいます。

yamazaki02

テーマ例:分散型排水処理施設からの温室効果ガス排出量の精緻化

日本国生活排水処理施設からの温室効果ガス排出量の精緻化
日本国温室効果ガス排出量のうち 生活排水処理サブカテゴリーのCH4・N2O
排出量を精緻化
合併処理浄化槽・単独処理浄化槽・汲み取り便槽等からのCH4・N2O排出量
および水質の調査に関する技術指導
(右写真は、冬季における浄化槽からの温室効果ガス排出量調査)

成果は 2013年日本国温室効果ガスインベントリに採用

yamazaki03

インドネシア国産業排水処理施設からの温室効果ガス排出量の精緻化
インドネシア国温室効果ガス排出量のうち 分散型排水処理施設の CH4・N2O排出量を精緻化
北スマトラ州・南スマトラ州に設置されている産業排水処理施設・生活排水処理施設等からの
CH4・N2O排出量および水質の調査に関する技術指導
(右写真は、インドネシア国の主要産業である食品製造工場からの温室効果ガス排出量調査)

 
yamazaki04

yamazaki05 山崎 宏史 准教授

専門分野: 水環境学、衛生工学、温室効果ガス、環境影響評価、等
担当科目: 水環境学、水・大気循環工学、環境分析学、他
1971年石川県野々市市生まれ
趣味はボーリング、テニス

水環境システム研究室 [PDFファイル/381KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)