MENU CLOSE

空間情報研究室

  • English
  • 日本語

空間情報研究室

 総合テーマ:空間情報の収集と解析に関する研究

空間情報とは,空間中の位置に結び付けられた情報のことです。平たく言うと地図として表すことのできる情報です。空間情報は,道案内を始め市民の日常生活や民間企業・行政の業務に不可欠のものですが,これを高精度かつ効率的に収集するための研究開発や,さまざまな空間情報を組み合わせて分析し,新たな情報を抽出する研究を行っています。

masaharu

テーマ例:画像からの3次元データの取得と利用

異なる位置から撮影された画像から3次元の情報を抽出するためのコンピューターソフトが近年非常に発達して,多数の写真を入力するだけで自動的に3次元の位置情報を持った点群データを出力できるようになりました。建物を始めさまざまな物体の3次元データを作成できますが,このままでは3次元モデルとして使いやすいものではありません。そこで,これらのデータを加工して,現実空間の3次元モデルを作成する手法の研究を行っています。

テーマ例:リモートセンシング技術による地表面の状況の把握

人工衛星や航空機に搭載された各種のセンサーから収集される画像情報を用いて,地表面の状況(たとえば植生や土地被覆)を把握し,環境の分析等に活用するための研究を行います。衛星データの解像度も空中写真に匹敵するほどのものが得られるようになり,また多くの観測波長帯で観測したデータが提供されています。また,測量用の航空カメラもデジタル化して,高解像度の赤外線画像を同時に取得しています。こうしたデータから有用な情報を抽出する手法を研究します。

masaharu

テーマ例:空間情報の解析に関する研究

今日ではさまざまな地理空間情報が広く提供されています。地理情報システムを用いて,これらのデータを組み合わせるとともに,位置関係を分析して,施設の立地評価等に活用できるような新たな情報を抽出する研究を行います。


masaharu政春 尋志  教授

専門分野: 空間情報学、写真測量、リモートセンシング、地理情報システム、地図表現、地図投影法等
担当科目: 測量学基礎、測量学応用、図形処理、工学概論 等

1955年 大阪市生まれ。
趣味はクラシック音楽

空間情報研究室 [PDFファイル/510KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)