1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部生体医工学科
  5. 望月教授の研究成果が取り上げられました
MENU CLOSE

望月教授の研究成果が取り上げられました

  • English
  • 日本語

本学教授の望月修氏による「魚の目で鮮度を測る方法」に関する研究成果がOPTRONICS ONLINEで取り上げられました.

魚の鮮度の目安として,腹の張り具合・えらの色・目に濁りのないものなどが鮮度の良い物として知られています.しかしこれらは所謂職人と呼ばれる方々の経験に基づく物です.しかしこれは工学的に定量化された物ではなく,一般の方々による鮮度の判断は難しくなります.

そこで望月教授の研究グループは,魚の目にレーザー光を照射し,その反射の度合いに着目し鮮度を求める研究を進めてきました.その結果,魚の目から鮮度を求める手法を確立しました.

これらの研究成果が紹介されています.

OPTRONICS ONLINEによる紹介ページ http://optronics-media.com/special/20141003/26892/