MENU CLOSE

国際地域学部

  • English
  • 日本語

人材養成に関する目的・学生に修得させるべき能力等の教育目標

国際地域学部

1.人材の養成に関する目的

国際地域学部は、グローバル化する経済・社会の要請を受けて創設された課題解決型(テーマ型)の学部です。国内外を問わず積極的に地域づくりや観光開発に関わり、「地域」を活性化し、創造的に発展させていく「国際的な視野を持つ職業人」を養成します。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

現場を重視した教育・研究を通して、まず第一に、世界につながる確実なコミュニケーション能力を身に着けること、第二に広く社会の仕組みを理解しつつ、積極的に行動できる能力を培うこと、第三に身近な環境から世界へと幅広く実践的な地域づくりを担う能力を磨くことを教育目標としています。
今日のグローバリゼーションによる都市化、資源・エネルギー消費、地域間格差の拡大、人口変動等といった経済社会の変化の中で、「地域(コミュニティ)」からの発想は大きな可能性を有しており、これに対応する哲学を持ち、現場主義を実践する学問として、領域横断的な国際地域学の構築を目指しています。

国際地域学部

国際地域学科国際地域専攻
国際地域学科地域総合専攻
国際観光学科

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)