MENU CLOSE

第1部英語コミュニケーション学科

  • English
  • 日本語

文学部

文学部第1部英語コミュニケーション学科

1.人材の養成に関する目的

 本学科では、21 世紀の地球時代を生きるための「問題解決能力」「調査・発表・表現能力」「自己開発力」を育成し、英語を用いて国際社会で活躍できる人材の育成を主たる教育目標としている。
こうした目標の達成に向けて、以下のような科目群を置いている。

(1)ベイシック・スキル科目群(基礎科目、専門必修科目)
(2)コミュニケーション・スキル科目群(専門選択科目)
(3)英語学系科目群(専門選択科目)
(4)国際文化科目群(専門選択科目)

などである。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

 こうした科目群を学生に修得させることにより、

(1)英語検定試験(TOEIC,TOEFL 等)における獲得スコアーの向上により実社会で活躍できる学生の育成
(2)言語学的立場から英語を総合的に研究、または国際文化的諸問題をグローバルな視点から追求し、
  大学院で各分野を専攻できる学生の養成
(3)地球的規模の諸問題を自らの問題として捉え解決するための能力を獲得し、社会で貢献できる学生の育成

を目指している。
 また「海外留学制度」「語学研修制度」「英語検定試験対策講習会」「学科講演会」「英語検定試験・体験学習(インターンシップ・ボランティア活動)単位認定」など現在実施している多様な学生への授業外支援の充実をはかることで学科の個性化及び独自性の強化をはかっている。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)