1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 社会学部第2部社会学科の教育目的・教育目標
MENU CLOSE

社会学部第2部社会学科の教育目的・教育目標

  • English
  • 日本語

1.人材の養成に関する目的

働きつつ学ぶ意欲を持つ者に、「社会学」を通して人格の完成への歩を進める機会を提供し、1年次から4年次まで必修となっている「演習(ゼミ)」を中心に社会的なできごとを客観的に分析し、その結果を報告し、議論できる「社会学的な身体」をもつ人材を養成することを目的とする。これは、「余資なき者優暇なき者」のためにという、学祖・井上円了の教育理念の実体化を図るものである。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

社会学部の共通の教育目標である「社会学を軸とした『理論・実証・実践の結合』」を第1部の5学科の特色ある科目群のなかから抽出した開講科目を履修することを通して身につけることである。共通総合科目群を学修することで高等教育に与るものに相応しい教養を身につけるとともに、専門科目群の中でも必修科目である「情報リテラシー」「社会調査入門Ⅰ・Ⅱ」「社会調査および実習」を軸に自らの研究課題を深めてゆくことを目標とする。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)