1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 国際地域学部国際観光学科の教育目的・教育目標
MENU CLOSE

国際地域学部国際観光学科の教育目的・教育目標

  • English
  • 日本語

1.人材の養成に関する目的

当学科では、観光関連企業や組織のマネジメントに主眼を置き、理論と実務を融合した教育を行う。そして、豊かな教養と社会性に富んだ「新観光知識人」(自らが観光を楽しみ、観光を企画・組織化することができ、観光行動を促進し、かつ、観光関連企業や組織をマネジメントできる人材)の育成を目的にしている。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

当学科は、1年生に対して、観光学に関する基礎的な理論の学習に加え、英語や各種語学、または、ビジネスマナーやインターンシップなどにより、幅広い教養と社会性を涵養することを教育目標にしている。
そして、2年生以降の学生は、観光関連の専門的な知識を学ぶことになる。その際、フィールドワークなどの手法を用いて、理論の応用に配慮した教育を行うとともに、課題発掘・解決能力を涵養する教育を実施する。
加えて、観光英検、TOEIC、総合旅行業務取扱管理者、ホテル検定、レストラン・サービス技能検定等の資格取得を目指した実践的な教育を行うことも教育目標のひとつになっている。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)