1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. ライフデザイン学部健康スポーツ学科の教育目的・教育目標
MENU CLOSE

ライフデザイン学部健康スポーツ学科の教育目的・教育目標

  • English
  • 日本語

1.人材の養成に関する目的

少子・高齢化社会および福祉社会といわれる今日にあっては、人々の健康や身体に関する教育に加え、福祉に関する幅広い教育を行うことをとおし、健康の維持・増進の支援ができる人材を育成することが必要である。このような認識に基づき、健康スポーツ学科では、現代人の生活の質(Quality of Life)の向上を目指し、身体活動やスポーツの機能的および社会・文化的側面に関する教育や研究の実践を理念として、それらの研究や教育をとおし、小児から高齢者、障害者の健康の維持・増進の支援に寄与できる人材の養成をめざしている。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

学生に対し、以下に掲げる能力や素養を修得させることを目標とする。

  1. 理論と実践を有機的に連動させ健康スポーツに関わる知見を総合的かつ系統的に教授することにより、子どもから高齢者さらには障害者の身体活動能力の確保や健康の維持増進を実現する能力やそれに関わる理論を修得することを目標とする。
  2. さらに、健康に関わる幅広い理論的根拠に基づく実践的能力とともに、各種施設や地域社会において、健康づくりをマネージメント、プロモートする管理能力の修得を目指す。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)