1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 社会学部第1部社会学科の教育目的・教育目標
MENU CLOSE

社会学部第1部社会学科の教育目的・教育目標

  • English
  • 日本語

1.人材の養成に関する目的

自分でものを考え、自分の言葉で意見を表明できる人材の養成を目的とする。私たちの身の回りには、歴史や文化の影響を受けない不動の「当たり前」は存在しない。論文や新聞記事はもちろん、身の回りの出来事であっても、それらを自分の目で読み、自分の頭で考え、関連を明らかにし、その考えを発表・討論することが重要である。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

上記したような、自学自習的・共同討論的学習スタイルを身につけるために、学生が修得すべき能力等を以下の様に設定している。

(1)社会学の基礎概念や考え方の修得
(2)社会学の歴史と意味の修得
(3)実証的研究方法(フィールドワークを含む)の修得
(4)現代社会や世界の複雑な側面の理解
(5)演習による調査・発表・討論方法の修得
(6)問題意識の明確化と論文の基本要件の修得
(7)卒業論文作成(社会学科では必修である)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)