1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 経営学部第1部マーケティング学科の教育目的・教育目標
MENU CLOSE

経営学部第1部マーケティング学科の教育目的・教育目標

  • English
  • 日本語

1.人材の養成に関する目的

マーケティング学科における、人材養成の目的は「社会人力」をつけることにある。社会人力とは、何事に対しても積極的にアプローチし、(1)失敗しても粘り強く取り組む力、常に(2)問題意識を持ち考え抜く力、そして、いったん目標が定まったならば(3)目標に向けて他人と協力する力、のことである。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

こうした「社会人力をもった人材」を育成するために、教育目標としてマーケティングの3Sを掲げている。すなわち、(1)マーケティングセンス(Sense)-消費者が何を求め、何を必要としているのか、企業が今何を行わなければならないかを適切に判断する-(2)サイエンス(Science)-現実の状況、事象を理論的・客観的に分析することであり、それに基づき行動すること-(3)組織を顧客満足に導く戦略(Strategy)-マーケティングセンスとサイエンスももとに、いかに効果的・効率的に顧客満足を達成するか?に関するマーケティング能力を涵養することである。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)