1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 社会学部第1部メディアコミュニケーション学科の教育目的・教育目標
MENU CLOSE

社会学部第1部メディアコミュニケーション学科の教育目的・教育目標

  • English
  • 日本語

1.人材の養成に関する目的

メディア・情報産業で活躍しうる人材の育成を目的とする。具体的には、放送/出版/広告等にかかわるマスメディア産業、音楽/映像/娯楽等にかかわるコンテンツ産業、通信/システム/データベース等にかかわる情報産業、あるいは企業、政府、教育機関の広報・情報部門など、現代社会におけるメディアコミュニケーションの領域で活躍できる有用・有為な人材を育成する。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

メディアコミュニケーション学の基本的な知識・理論の学習と、それを応用する実践的な技能の獲得を教育目標とする。具体的には、情報とメディアに関する専門的な知識と学術的な理論を学んだ上で、それを実社会において効果的に活用するために、多様なコミュニケーションメディアを使いこなして情報を制作、伝達、蓄積、探索する技術と、情報内容を的確に受容、批判、評価する能力を、4年間で身につけることを目指す。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)