1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 経済学部第1部国際経済学科の教育目的・教育目標
MENU CLOSE

経済学部第1部国際経済学科の教育目的・教育目標

  • English
  • 日本語

1.人材の養成に関する目的

経済学および国際経済学の基礎知識を身につけ、広く国際的な視野にたってグローバル経済・社会に的確に対応・活動できる人材、また世界主要国・地域の経済・産業・歴史・社会・文化等を理解し、それとの比較において日本経済・社会の諸問題を理解し改善する方途を提示できる人材を養成する。

2.学生に修得させるべき能力等の教育目標

上記の目的を達成するため、経済および国際経済・社会に対する理解はもとより、英語その他の外国語による国際コミュニケーション・スキルの向上をはかる。
具体的には、(1)経済学および国際経済学に関する基礎理論を修得させたうえで、経済学の応用分野、国際経済学各論、世界の主要国・地域経済に関する理解を深め、英語やその他の外国語を修得することで、4年間を通じて実践的な、多様な語学力の育成をはかる。(2)ゼミナールにおけるプレゼンテーション、ディベート、卒業論文の執筆などを通じて、社会人に不可欠な情報収集・分析能力、論理構築力、文章力などの向上をはかる。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)