1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔総合情報学部総合情報学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔総合情報学部総合情報学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

総合情報学部総合情報学科

  • 高等学校教諭一種免許状(情報)

1.教員養成に対する理念
総合情報学部総合情報学科は、東洋大学の教育理念である「合理的なものの見方・考え方」としての哲学の実践、社会におけるリーダとしての重要な資質である「知徳兼全」「独立自活の精神」の醸成を基盤とし、21世紀社会において必要な情報通信技術(ICT:Information & Communication Technology)に習熟し、情報の収集・編集分析・表現に関する総合的な能力を持ち、社会を先導できる「フィロソフィーを持った第一級の情報の使い手」を育成することを目的としています。本学科は、情報科学や数学の「理」の知と、社会学、環境学や経営学、さらには心理学などの「文」の知を融合し、総合的に取り扱う学問分野として確立していきます。そして、「理」の知と「文」の知の枠を超えたICTの実践力と幅広い視野を兼ね備えた、21世紀の高度情報化社会を先導できる人材を育成することを、教員養成に対する理念としています。

2.教職課程の設置の趣旨
上記「1.教員養成に対する理念」に記した理念に基づき、本学科では、日本のこれからの高度情報化社会を支えるICT技術者の育成を高校の段階からスムーズに開始する教育活動に貢献するために、「理」の専門性と「文」の柔軟性を兼ね備えた教科「情報」の教員を養成し、卒業生を高校の情報科教育に輩出すべく、教職課程を設置しています。本学科で教員免許を取得した卒業生は、高校の「情報」教育の場において、理系と文系を問わず様々なタイプの生徒に対しても柔軟に対応でき、情報機器を含めた自分の携わる教育環境を最大限に活用した情報の教育指導を行うことができるものと期待しています。このような人材を中等教育に輩出することは、日本の産業の発展を支えるICT分野において、多くの優秀な専門家を若い段階から育てようという社会のニーズに沿うものと考えています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)