1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔ライフデザイン学部生活支援学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔ライフデザイン学部生活支援学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

ライフデザイン学部生活支援学科

子ども支援学専攻

  • 幼稚園教諭一種免許状 

学校教育法第22条には、「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」と示されています。
生活支援学科子ども支援学専攻では、この目的を達成するために、「環境を通しての保育」を基本とし、幼稚園教育要領に示されている教育を行う時に重視する事項、「幼児期にふさわしい生活の展開」「遊びを通しての総合的指導」「幼児一人一人の発達の特性に応じた保育」を実践できる幼稚園教諭の育成を行います。
そのために、幼児教育・保育に関する専門知識をはじめ、多様な子どもの育ちへの援助、子どもの心のケア、子育て家庭への支援など、子どもの育ちを育んでいく幼稚園教諭としての様々な保育の方法・スキルを習得し、子ども・家族・地域社会から求められる課題解決にも積極的にかかわれる人材の育成を目指しています。
習得した専門知識や保育スキルを活かし、幼児教育の実践的な場で力を発揮し、子どもの笑顔と幸せな育ちを守る幼稚園教諭を養成していくことが、本学科専攻が目指しているところです。

生活支援学専攻

  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)

学校教育法第50条には「高等学校は、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達及び進路に応じて、高度な普通教育及び専門教育を施すことを目的とする」と示され、さらに同法第51条には、その具体的内容として「豊かな人間性、創造性及び健やかな身体を養い、国家及び社会の形成者として必要な資質を養うこと」「社会において果たさなければならない使命の自覚に基づき、個性に応じて将来の進路を決定させ、一般的な教養を高め、専門的な知識、技術及び技能を習得させること」「個性の確立に努めるとともに、社会について、広く深い理解と健全な批判力を養い、社会の発展に寄与する態度を養うこと」が示されています。
この目的を達成するために、生活支援学科生活支援学専攻では、まずは「社会福祉援助の実践力の習得」「生徒への指導力の習得」「社会への問題意識の習得」を基本とし、そのうえで、今日の社会的ニーズに合致した福祉教育を高等学校の生徒に的確に実践できる教員の育成を行います。
そのために、社会福祉や相談援助、介護に関する一定の専門知識をはじめ、多様な対象者(高齢・障がい・低所得・生活困窮者・児童・疾病による生活問題など)に対する支援における価値・知識・技術を習得させることを基礎とします。その基礎のうえに、高等学校の教員として、地域社会から求められる福祉人材の育成ができる教育者となり得ることを目指して当該教職課程を設置するものです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)