1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 情報公開
  4. 〔国際地域学部国際地域学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等
MENU CLOSE

〔国際地域学部国際地域学科〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

  • English
  • 日本語

国際地域学部国際地域学科

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

教員養成に対する理念

世界的なグローバリゼーションが進行する一方、他方では国内外の各地域において資源と文化を尊重し、独自性を活かした自治と活性化が求められている時代の動向の中で、本学科は日本の国際協力について十分理解し、地域振興と活性化、地域間交流と協力を推進できる人材を育成してきました。
本学科での学びを通じ、世界全体への広い視野を持ち、地域における諸問題について考察を深めてきた人材は、国際理解を推進しつつ、地域の多様な課題に目を向けるための教育活動において欠かせない資質を保持しており、学校現場における課題解決のために力量を発揮することができます。
また、地域において社会活動の援助を担当する場合、教員免許状取得において培われる知識やノウハウが活かされることが多々あります。事実、JICA(国際協力機構)ボランティア(青年海外協力隊/シニア海外ボランティア)では、教員免許状取得者・教職経験者が数多く活躍しています。
地域の特性に精通し、かつ国境を越えた人的交流に関する深い素養を有する教員資格者を社会に供給することは、これからの社会的ニーズに応えるものです。

 

教員養成課程の設置の趣旨及び免許状の種類との相当性

「現場主義」を標榜する本学科では、開発途上国における貧困地区の現状調査や国内過疎地域における地域振興策の検討など、フィールドワークを重視したゼミ単位での研究活動に重点を置いています。それらの活動において磨かれた国際感覚と国際協力に関する豊富な知識は、中学校社会科、高等学校地理歴史科・公民科学習指導要領における「国際社会」「現代の社会」に主体的に関わる「平和で民主的な国家・社会」の一員としての国民を育成するという指導目標に正に合致するものです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)